Huffpost Japan

「闘えることは、歓びだ」個のスキルを活かしてチームでつかんだ、リオパラリンピックの表彰台

投稿日: 更新:
印刷

車いす同士が激しい音をたててぶつかり合う迫力あふれるプレーと、4人がそれぞれのスキルを活かす緻密な攻防……。パラリンピック競技の中で唯一車いす同士がぶつかることが認められているのが、ウィルチェアーラグビーだ。

日本代表が過去最高の4位という成績を残したロンドンパラリンピックから、早4年。リオパラリンピックで日本代表チームは、3位決定戦の末、悲願の銅メダルを獲得した。

メダルの期待が高まる中、彼らがリオへと旅立つ直前に、練習風景を取材。競技のルールを紹介しながら、ウィルチェアーラグビーの魅力に迫る。

激しく “魅せるスポーツ”で人々の心を掴みたい

2016-10-06-1475737162-273595-TOTO_20160827_092.JPG

車いす同士の激しい衝突音が、体育館内に間断なく響く。近くを通りかかった人が、思わず体育館をのぞきにやってきた。「これは一体、何の競技ですか?」と。

車いすが横倒しになるほどのぶつかり合いが、ウィルチェアーラグビー最大の魅力だ。「ウィルチェアーラグビーという競技を多くの方に知っていただくには、まずひと目見た方に
『なんだこのスポーツは!』というインパクトを与えることが大事だと思います。 “魅せるスポーツ”としてみなさんの心を掴みたいです」と、日本代表キャプテンの池透暢(いけ・ゆきのぶ)選手はアピールする。

2016-10-06-1475737212-1152722-D_TOTO_20160827_060.JPG

1977年にカナダで考案されたこのスポーツでは、バスケットボールと同じ広さのコートを使い、8分×4ピリオドの試合を行う。4対4で対戦し、ボールを持った選手がゴールライン上に置かれたゴールポストの間を通過すれば得点(1点)となる。2000年シドニー大会でパラリンピック正式競技に採用され、日本代表は2004年アテネ大会から連続出場している。

しかし日本代表チームのエース、池崎大輔選手は、知名度が低く競技人口も少ないことを課題として掲げる。彼らはより強くなることで、人々の関心を集めようと努力してきた。

「まずは世界のトップ3を崩すことを目標に掲げ、代表合宿や個人トレーニングを積み上げてきました」池崎選手がそう語るとおり、日本代表はかつて世界3強とされたオーストラリア、アメリカ、カナダから勝利をおさめ、世界ランク3位に浮上。史上最高位を保ったままリオパラリンピックを迎えた。

障がいの個人差もそれぞれの強みも合わせてチーム力

選手たちは、それぞれ障がいの程度に個人差がある。そのため、できるだけ公平に競技ができるよう、体の機能のテストや競技観察などによりクラス分けされる。

ウィルチェアーラグビーの場合は、最も障がいが重いクラスの選手は0.5ポイント、最も軽いクラスの選手は3.5ポイントというように、各選手が持ち点を与えられている。コート内4人の合計ポイントは最大8.0と定められている。池選手と池崎選手はともに3.0ポイントで、機動力を生かして得点に絡みチームに貢献する。

2016-10-06-1475737257-3392204-Y_TOTO_20160827_089.JPG

池選手の得意技は、高さを生かしてボールを収め、攻撃の起点となって味方にパスを散らすこと。自陣でボールを受けることの多い彼は、瞬時に戦略を立て、ピンポイントのロングパスでスコアを獲得することもある。

一方、スコアラーとして活躍する池崎選手は、車いすバスケを15年、ウィルチェアーラグビーを7年という経験から培われたチェアースキル(車いすの操作技術)で知られる存在。「あっちに行くと見せかけてこっちとか、こっちに走りながらあっちにパスとか、トリッキーなプレーで勝負します」と自信を見せる。

日本代表チームは、[3.0+3.0+1.0+1.0]の4選手の構成をスタンダードとしている。「ゴールまでの過程には、ボールを運んだり、パスを出したり、相手選手の動きをブロックしたりと、それぞれの仕事があります。全員が自分の責任を果たして初めて、チームは得点できるのです」と、池崎選手はチームの結束力を強調する。

何の取り柄もなかった自分が見つけた「輝ける場所」

「僕には何の取り柄もなかったんですよ」、池崎選手はそうつぶやいて、ウィルチェアーラグビーとの出会いがもたらした喜びを語り始めた。

「それが今では、仲間とともに世界に挑戦できている。父親として家族を幸せにできている。僕の人生はウィルチェアーラグビーとともにあると言えますね」

池選手は、ロンドンパラリンピックの白熱した3位決定戦に心を打たれ、ウィルチェアーラグビーの選手になることを決意したという。「自分の限界に挑戦したい。そこで輝くことによって人にも評価される。自分が一番輝けるのが、ウィルチェアーラグビーなんだと思います」

世界の頂点を見据えるウィルチェアーラグビー日本代表だが、それでも経済的な負担は重くのしかかる。ぶつかり合いを繰り返すことによる車いすの損傷は激しく、用具代は1選手につき150万円前後。しかもそれらを2年ごとに買い替えるという。

「さらに、合宿や大会に参加するための費用もかかります。練習すれば伸びる人はたくさんいると思いますが、金銭的な問題であきらめてしまう場合も多い。その人の人生にとっても、日本全体の競技力にとっても、すごく残念なことです」(池崎選手)

2016-10-06-1475737307-860028-TOTO_20160827_033.JPG

パラスポーツをサポートする仕組みのひとつに、スポーツくじ(toto・BIG)による助成制度がある。スポーツ団体の支援だけでなく、近年はトップアスリート個人への助成がパラスポーツにも拡大され、ウィルチェアーラグビーもその対象となった。

「個人への助成によって、多くの選手が世界に挑戦する機会をいただけています。僕自身も今まで以上に体に気を使いながらトレーニングができているので、すごく助かっています。くじを購入される方はサッカーなどの勝敗予想を楽しんで購入される方が多いと思います。そのような方々にも、ウィルチェアーラグビーを知っていただけたらうれしいです。そのために僕たちができることは、みなさんの目に届くような結果を出すこと。みなさんの支援のおかげで、僕たちは一段と高い環境で活動できています」(池崎選手)

「車いす競技は、車いすに乗れば健常者の方たちも含めてみんなが体験できます。助成によって支援いただくことでし、より多くの人に魅力を知っていただきながら普及させられれば、より豊かな社会を作っていくことにもつながると思います。実は僕もサッカーが好きで、スポーツくじを買ったことがあります。売上が多方面に分配されることにより、スポーツをさらに熱く盛り上げていけたらと思います」(池選手)

リオの先に見据えるのは、2020年「東京パラリンピック」

2020年、東京は世界で初めて「2度目のパラリンピック」を開催する都市として世界中からアスリートを迎え入れる。日本国内でのパラスポーツへの関心も、かつてない高まりを見せている。

世界的なトップアスリートとしての現在の境地、そして2020年からその先の未来に向けてのビジョンを、2人が語った。

2016-10-06-1475737357-7043276-D_TOTO_20160827_121.JPG

「勝つための道のりはけっして楽ではありませんが、僕は仲間と勝利の喜びを分かち合う瞬間が一番好きです。パラリンピックの盛り上がりを感じる今こそ、この機運を次世代の環境づくりにつなげていきたいです。リオでいいスタートが切れれば、間違いなく2020年に、そしてその先にもつながると思います」(池崎選手)

2016-10-06-1475737398-9397315-Y_TOTO_20160827_116.JPG

「私は事故に遭い、障がいを負って、それまで好きだったサッカーやバスケットボールができなくなりました。でも、道具やルールが工夫されることによって、私たちもスポーツに取り組むことができ、パラリンピックという最高峰の舞台にも挑戦できます。日本代表は将来に向けて、国内合宿や海外遠征の機会をどんどん増やし、新しい戦力も鍛え上げながらチーム全体をレベルアップさせていくことが重要だと思います。今後はいろんな地方を回り、たくさんの方々にウィルチェアーラグビーを知っていただく機会を増やせたらと思います」(池選手)



2016-10-06-1475737439-7252003-.jpg

池 透暢(いけ ゆきのぶ)
1980年7月21日、高知県高知市出身。Freedom/日興アセットマネジメント所属。3.0クラス。
19歳のときに交通事故で左足を切断、左腕の感覚も失う。その後始めた車いすバスケットボールで日本代表の候補に選ばれるも、2012年ロンドンパラリンピックでは落選。ロンドンパラリンピックでウィルチェアーラグビーを見たことがきっかけで競技を転向し、日本代表キャプテンとしてチームを牽引する。

2016-10-06-1475737514-1014311-.jpg

池崎 大輔(いけざき だいすけ)
1978年1月23日、北海道函館市出身。北海道 Big Dippers/三菱商事所属。3.0クラス。
幼少時にシャルコー・マリー・トゥース病を発症し、高校2年の時に車いすバスケットボールを始める。30歳でウィルチェアーラグビーに出会い、転向。2010年に日本代表に選ばれ、2012年のロンドンパラリンピックに出場。2015年のIWRFアジアオセアニアチャンピオンシップでは3.0クラスベストプレーヤー賞及びMVPを受賞。


【関連記事】