2020

女子テニスの大坂なおみ選手が初のオリンピックへの切符を手に入れた。
「世界が団結し、人類の努力と英知によって難局を乗り越えていけることを日本から世界に発信したい」と開催の意義を強調した。
さいたま市がすべての辞退を決めるなど、キャンセルする動きが埼玉県内で相次いでいる。
オーストラリアのマデリン・グローブス選手が「ミソジニーの変質者」のために選考大会に出ないと発表。これまでも競泳の世界で経験した性的嫌がらせを訴えていました
長らくオールラウンダーとして世界に君臨しつづけてきたが、両肩の痛みの影響で昨年2月ごろ、鉄棒に専念することを決断し、個人枠で五輪を目指してきた。
東京オリンピックパラリンピック前に、LGBTQ差別を否定する声明をIOCが発表しました
「五輪が国民のためになるのか」(閣僚の一人)との危惧もあるが、官邸幹部は「中止の選択肢はない」と言い切る。
イアン・ブレマー氏はオリンピックについて「日本の皆様や準備を続けてきたアスリートたちに同情します。これは本当に開催したかった形のオリンピックではありません」
国内外で渦巻くオリンピック開催の賛否。弁護士のライアン・ゴールドスティンさんが、法律家の観点から世界的なパンデミックが東京オリンピックにどのような影響を与えるか、コロナ禍におけるスポーツ関連訴訟の傾向を交えて解説します。
東京都はパブリックビューイングの目的を「都民や国民の共感を得て、大会を成功させること」としていますが…