TOKYO 2020

調査結果を分析した国際大学の山口真一准教授は「自分が正しいと思っているアスリート像を強要するいわば『オレ理論』」とコメントしている。
2021年夏、スポーツの価値はどう変化した?アスリートの視点から見ると...
PRESENTED BY BRIDGESTONE
ピタ・タウファトファ選手は「家の中まで波が入ってきたが、土台はしっかりしていたと聞いた」と安堵の報告。出張中だった父親や他の島に住む家族とは、まだ連絡が取れていないそうです。
オリパラ担当大臣について定めたオリパラ特別措置法や、内閣法が関係しています。
謝る選手が決して悪いわけじゃない。酒巻慶治さんは「ずっと勝っていた高校なので、2位じゃ監督は認められないのだろうなと想像しました」と当時を振り返る。
宮澤夕貴選手のインタビュー。男女を通じてバスケ界初の五輪メダルという快挙の裏で「ネットニュース毎日見ていた」と不安や葛藤も明かしました。
身長、体重、国籍、それに経歴などは一切不明だが...国内外でその存在感を増している。
国際パラリンピック委員会(IPU)の公式パートナー『Getty Images』の写真家3人に、これまで撮影した大会・競技写真から「ベストショット」を選定してもらいました。
東京パラリンピックの車いすテニス・男子シングルスで金メダルに輝いた国枝慎吾選手。ロジャー・フェデラー選手がその功績を称えた、有名なエピソードがあります。
まさに“プロポーズ大作戦”。レース後に選手を待っていた幸せな結末に、感動の声が寄せられています。