NEWS

北朝鮮、弾道ミサイル発射実験に失敗? 米韓軍事演習への対抗措置か

2016年10月16日 00時34分 JST | 更新 2016年10月16日 00時40分 JST
ASSOCIATED PRESS
A TV screen shows a file image of a missile launch conducted by North Korea in a local news program, at Seoul Railway Station in Seoul, South Korea, Sunday, Oct. 16, 2016. South Korea and the U.S. said Sunday that the latest missile launch by North Korea ended in a failure after the projectile exploded soon after liftoff. The letters read "North attempted to fire a mid-range Musudan missile on June. (AP Photo/Ahn Young-joon)

北朝鮮が10月15日、弾道ミサイルの発射実験に失敗したとみられる。

韓国の聯合ニュースによると、アメリカ戦略軍は「10月15日午後0時33分(韓国時間)、北朝鮮北西部の都市・亀城(クソン)付近から弾道ミサイルの発止実験をしたが、失敗した」との声明を出した。同軍や韓国軍は、中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみている。

国防総省の広報担当を務めるギャリー・ロス海軍中佐は、発射実験が国連安全保障理事会の決議に違反するもので「東北アジア地域の緊張を高める行動は自制すべきだ」と北朝鮮を非難した

10月10日からは、過去に何度も南北の軍事衝突が起きた朝鮮半島西側の黄海で、米韓合同軍事演習が実施されており、こうした動きに対抗する可能性もあると、朝日新聞デジタルなどは伝えている。

関連記事

北朝鮮の日常(写真集「隣人。38度線の北」より