Huffpost Japan

「土人が!」沖縄で機動隊員が罵倒 ヘリパッド抗議の市民に【UPDATE】

投稿日: 更新:
印刷

沖縄本島北部で進むアメリカ軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(高江ヘリパッド)建設に抗議する市民に対し、現場で警備に当たる機動隊員が10月18日、「土人が!」と罵倒する映像がYouTubeで公開され、沖縄県内で反発を生んでいる。

動画に付属した説明文によると、10月18日午前にヘリパッド建設工事が進むN1表ゲート近くで撮影。「基地やめろ!」などと砂利搬入に抗議する市民らに対して、大阪府警の機動隊員とされる男性が「立ち去れ!」「下がれ、クソ」「どこ掴んどんじゃ、このボケ!」などの言葉に続いて「土人が!」と発言する模様が記録されている。

沖縄タイムスによると、この映像を撮影したのは芥川賞作家の目取真俊(めどるま・しゅん)さん。目取真さんは自身のブログで、映像について触れ「沖縄への差別意識むき出しのこういう暴力機動隊員を許してはならない」と記した

大阪府警はハフポスト日本版の電話取材に対して「関係する部署に確認してから取材に応じられるかどうかも含めて回答する」とコメントしている。

琉球新報などによると、土人はもともとは「土着の元からそこに住んでいる人、原住民」といった意味の言葉だったが、近代以降は未開地域で原始的な生活をしている住民を侮蔑して使われる言葉として定着している。

【UPDATE】沖縄タイムズによると、沖縄県警が19日午前、事実関係を認めた。県警の調べで、大阪府警の20代の男性機動隊員が発言を認めたという。県警は差別的用語で不適切な発言だったと説明し「今回の発言は極めて遺憾。以後そのようなことがないようあらためて指導する」とコメントした。大阪府警に、この報道について問い合わせたが「現時点では答えられない」としている。(10/19 12:55)

【UPDATE2】大阪府警の担当者は、ハフポスト日本版の電話取材に対し「大阪府警の機動隊員で間違いない。普段から公平かつ中立な振る舞いをするようにし教育しているため、不適切な発言だったと考えている。今後はこのようなことがないように指導を徹底したい」とコメントしている。(10/19 20:01)


■関連画像集

Close
【沖縄】揺れる辺野古(2014年)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド