Huffpost Japan

AIBOはここでお葬式が行われていた...多様化する「モノ供養」

投稿日: 更新:
AIBO
Ho New / Reuters
印刷

土鍋もAIBOも供養します 愛着の対象多様に

 各地の寺や神社などで、特定の品目を対象にした「モノ供養」が多様化している。定番の人形や針のほか、土鍋、めがね、カメラ、ロボット……。近年新たに始まった行事も多い。

 10月上旬、三重県四日市市にある萬古(ばんこ)焼ゆかりの萬古神社には、使い古した大小30個以上の土鍋が並んでいた。土鍋に感謝し、食の安全を祈る土鍋供養祭。約60人を前に神主が祝詞(のりと)をあげ、その後は参拝者が土鍋をハンマーで次々に砕き、一部を土に戻した。

 萬古陶磁器卸商業協同組合によると、萬古焼が国産土鍋で約8割のシェアを占めることから始まり、今年で30回目という。石崎和豊事務長は「他にはない行事だと思います」。

 新たに始まった供養や感謝祭は、そのモノと縁の深い業界団体や企業が中心となり、地域の寺社が協力するケースが目立つ。

 刃物の産地として知られる岐阜県関市の刃物供養祭もその一つだ。「イイハ」の語呂にちなみ、11月8日の「刃物の日」に県関刃物産業連合会が主催して開かれる。例年全国から集まった包丁やはさみなど約4万本が神主によって供養された後、一部が災害時の支援用などに再利用される。

 千葉県いすみ市の光福寺では、ソニー生まれのロボット犬「AIBO(アイボ)」などの修理を手がける会社「ア・ファン」(同県習志野市)に「献体」されたアイボの合同葬儀が営まれ、供養後は部品が修理に活用されている。同社によると、2015年以降、218体が供養されたという。めがねの産地・福井県鯖江市の「めがね感謝祭」(10月1日、県眼鏡協会)も、供養後は一部を途上国に寄付する。

 根底には、あらゆる事物に霊魂が宿るとする伝統的な考えなどがあるが、それだけではない。「愛着があり、ごみとして処分するのはしのびない」「感謝を伝えたい」といった持ち主の心を癒やしたり、リサイクルやPRにつながったり、様々な「効能」がある。

(朝日新聞デジタル 2016年11月07日 14時29分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)

下記は2015年11月に光福寺で行われたAIBOのお葬儀の様子を撮影した動画
【関連記事】ニューヨーク・タイムズ、AIBOを供養する寺をドキュメンタリー動画に
aibo