NEWS

フィデル・カストロ氏を火葬。共産主義国の「英雄」だけど遺体保存しなかった

2016年12月06日 00時02分 JST | 更新 2016年12月06日 00時18分 JST
YAMIL LAGE via Getty Images
View of Fidel Castro's tomb at the Santa Ifigenia cemetery in Santiago de Cuba on December 4, 2016. Fidel Castro's ashes were buried alongside national heroes in the cradle of his revolution, as Cuba opens a new era without the communist leader who ruled the island for decades. / AFP / YAMIL LAGE (Photo credit should read YAMIL LAGE/AFP/Getty Images)

11月25日に90歳で死去したキューバの元最高指導者フィデル・カストロ氏の遺灰が12月4日(現地時間)、キューバ革命発祥の地とされる同国東部のサンティアゴ・デ・クーバの墓地に埋葬された。キューバ共産党の機関紙「グランマ」などが伝えた。


カストロ氏の遺灰は、高さおよそ3メートルの墓石の中に収められ、墓石には「FIDEL(フィデル)」とのみ記されている。CNNによると、カストロ氏は自身が神格化されることを懸念し、公共の場や記念碑に自分の名を付けないよう、弟のラウル・カストロ国家評議会議長に言い残したという。

葬儀では、カストロ氏の妻とされるダリア・ソト・デル・バジュさんら遺族などが墓前に白いバラを供えた。また、生前に親交のあったアルゼンチンの元サッカー選手ディエゴ・マラドーナ氏をはじめ、ブラジルのルラ元大統領などラテンアメリカ諸国の指導者も参列した。

グランマは、「フィデルはマルティと共に」とのタイトルで、カストロ氏がキューバ建国の英雄ホセ・マルティと同じ墓所に埋葬されたと報じ、カストロ氏の英雄性を強調して伝えた。

遺灰の埋葬をもって、9日間続いた服喪期間が終了した。

■共産主義国の「英雄」の火葬は珍しい?

フィデル・カストロ氏の遺体は、本人の遺言に基づいて火葬された。これも、個人崇拝を避けてのことだとされる。

一方で他の共産主義・社会主義国では、死去した指導者の権威を高めたり、その権威を後継者が政治利用するために、遺体をエンバーミング(遺体の保存処理加工)し、生前の姿のまま保存される例がある。1917年ロシア革命を起こし、ソビエト連邦を作り上げた革命家レーニンの遺体は、今も90年前と変わらぬ姿をとどめている。このほか、ベトナムのホー・チ・ミン、中国の毛沢東、北朝鮮の金日成・金正日などが代表的だ。

vladimir lenin corpse

レーニンの遺体

ho chi minh body

ホー・チ・ミンの遺体

mao zedong corpse

毛沢東の遺体

▼画像集が開きます▼

フィデル・カストロ氏


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら


フィデル・カストロ――波乱に満ち、光と影が交差したキューバ革命指導者の生涯


フィデル・カストロ氏「人類は広島の教訓を学び取っていない」来日時に訴えた平和への思いとは



【お知らせ】

ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。お申し込みは以下よりお願いします。


■イベント詳細と申し込み用フォームは下記リンクからもご確認いただけます。
http://peatix.com/event/214739/