NON STYLEの井上裕介さん、当て逃げ容疑 「事故が世間に知られたら大変になると思った」

投稿日: 更新:
YUSUKE INOUE
キリンビール「氷結」のPRイベントに出席したお笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介=22日、東京都中央区銀座の時事通信ホール  撮影日:2016年06月22日 | 時事通信社
印刷

人気お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介さん(36)が12月11日深夜、東京都世田谷区で乗用車を運転中にタクシーに衝突し、運転手にけがを負わせたまま逃走していた。共同通信などが、警視庁世田谷署への取材で判明したと報じた。井上さんは13日までに所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーを通じて謝罪のコメントを出した。

世田谷署によると、井上さんは「事故を起こしたことを世間に知られたら大変なことになると思った」と逃げたことを認めている。同署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)や道交法違反(救護義務違反)の疑いで調べている。

井上さんは11日午後11時45分ごろ、世田谷区の都道でタクシーと衝突後、通報せずに走り去った。運転していた40代の男性は首や腰に軽傷を負った。
 
ノンスタ井上さんが事故 けが負わせ逃走、警視庁聴取 - 共同通信 47NEWSより 2016/12/12 23:45)

車のナンバーから井上さんを特定。井上さんは仕事の帰りだったという。

朝日新聞デジタルなどによると、警視庁は井上さんから任意で事情を聞いているといい、容疑が固まり次第、書類送検する方針。

井上さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーを通じて「接触事故を起こしてしまい、その場でよく確認するべきところを怠ってしまい、被害者の方には大変申し訳ありません。誠意をもって対応してまいりたいと考えております」と謝罪した

よしもとクリエイティブ・エージェンシーは、12日に本人からの連絡で事故を把握したといい、井上さんは「タクシーを追い越そうとした際に接触したかもしれないという認識はあったが、事実確認をせずに帰宅してしまった」と説明したという。「事態を深刻に受け止め、井上とともに誠実に被害者対応に努めてまいります。被害者及び関係各位に多大なるご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます」と謝罪コメントを出した

井上さんは大阪府生まれ。中学、高校の同級生だった石田明と2000年にコンビ結成。08年にM-1グランプリで優勝して全国区になる。12年から「吉本ブサイクランキング」で3年連続1位で殿堂入りを果たす。ブサイクなのにナルシシストなキャラクターで、ソロでもバラエティー番組に多数出演している。

関連記事星田英利(ほっしゃん。)が引退撤回、その背景は?

マンボウやしろが芸人引退、新たに目指す道は?