長友佑都選手、アモーレ平愛梨さんと婚約発表 明かされた数々の「天然」伝説

投稿日: 更新:
印刷

ついにアモーレのゴールをゲットした。

サッカー日本代表の長友佑都選手(イタリア・インテル)と、女優の平愛梨さんが12月24日、婚約を正式発表した。

「明るいニュースを届けたかった」(長友選手)と、クリスマスイブのこの日に東京都内のホテルで記者会見した2人によると、2017年1月に平さんがイタリアに渡り、1月29日に婚姻届を出して入籍する。披露宴はイタリアのサッカーシーズンが終わった2017年5月か6月を考えているという。

amore
婚約発表で指輪を披露する女優の平愛梨さん(右)。左はサッカー日本代表の長友佑都選手=24日午後、東京都港区

記者会見では、平さんの「天然」ぶりも余すところなく明らかになった。

■「指輪じゃなくてじゃがりこがよかった」

長友さんがプロポーズしたのは2016年の2月。イタリアに平さんを呼び、インテルのスタジアムで「俺についてきてほしい。結婚して下さい」とプロポーズして指輪を渡した。平さんは「もちろん、大喜び!」と答えた。

長友 でも指輪を渡して、OKを頂いた後に「私、指輪じゃなくてじゃがりこが良かった」って言われ、頭からひっくり返りそうになりました(笑)。

平 私は、そこまで宝石を頂く価値のない女だと思っていたんです。なので兄に「指輪って、男の人は、女性にあげるものなの?」って聴いたら「そやなあ。長友やろ? お前、すごいのもらうんじゃないのか?」って(笑)。私は「それだったら、じゃがりこ大量の方がいいかも」って言ってたんですが。

長友さん「素直にきれい」 平さん「男前」 会見詳報:朝日新聞デジタルより 2016/12/24 13:49)

■「一生着いてきて」???

結婚を決めた理由について問われた平さんは「元々、結婚前提で僕についてきて下さい」と言われていたと話したが、長友選手は以下のように語っている

「初めて2人で食事をしたときに、そのあと2人でカラオケに行こうかということになって、交際はまだ世の中に出ていなかったので、2人で外に出るのはまずいかなと思いまして、『僕が先に行くから俺に着いてきて』ということを言ったのを、『一生着いてきて』と勘違いしたみたいで。僕もそれを後で聞いて、もうびっくりしたんですけれども。それが決め手だったようです」

平さんがイタリアに5回目ぐらいの滞在のとき、ユーロを出して「このドルどうやって使うの?」と聞かれたという長友選手。「僕がしっかりしないと、これはまずいな」と話していた

Close
2016年に結婚した人々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
関連記事

アモーレ平愛梨、長友佑都選手のプレーを絶賛「やはり素敵でした」




長友佑都、アモーレ・平愛梨に会えなくて「遠距離はつらいよ」 トークイベントで本音