NEWS

イスタンブールのナイトクラブで銃乱射、地元知事は35人死亡と発表

2016年12月31日 21時48分 JST | 更新 2017年01月01日 23時44分 JST
IHLAS NEWS AGENCY via Getty Images
People flee as ambulances are on the attack site on January 1, 2017 in Istanbul. At least two people were killed in an armed attack Saturday on an Istanbul nightclub where people were celebrating the New Year, Turkish television reports said. / AFP / IHLAS NEWS AGENCY / IHLAS NEWS AGENCY (Photo credit should read IHLAS NEWS AGENCY/AFP/Getty Images)

トルコ最大の都市イスタンブール市内のオルタキョイ地区で1月1日未明、新年を祝うナイトクラブのイベントで何者かが銃を乱射し、地元メディアによると、地元のヴァシップ・サーヒン知事は35人が死亡、40人が負傷したと述べた。ロイターなどが報じた。

CNNトルコによると、銃を乱射したのは2人で、サンタクロースのコスチュームをしていたという。銃撃犯はまだ店内にいるという報道もある。

イスタンブールでは年末年始のテロを警戒し、1万7000人の治安部隊を市内に配備していた。地元テレビ局NTVは、ナイトクラブの外に警官が派遣された様子をツイートしている。

サーヒン知事は、この事件は「テロ攻撃」だと述べた。実行犯についての言及はない。

NTVテレビによると、銃乱射h事件が起きたのは人気のナイトクラブ「レイナ」で、犠牲者は店内の客と警察官だという。事件発生時そのナイトクラブの中には500人以上がいたとみられる。

襲撃者はナイトクラブに入る前に外で警官に向け発砲し、侵入後、中にいた人たちに向けて発砲したと見られている。客の中には襲撃から逃れるため、店に面したボスポラスの海中に飛び込む人もいたという。

テレビの映像からは、フラッシュライトをつけた救急車が少なくとも6台あり、民間人が救出されていたことが分かる。NTVは、警察がその地域に非常線を張り、襲撃犯捕獲作戦を実行中だと伝えた。

国営のアナドル通信社によると、主要都市では安全対策が強化され、警察がイスタンブールと首都アンカラの主要広場に向かう交通を規制している。イスタンブールでは1万7000人の警官が配置され、サンタクロースや露天商にカモフラージュして警備していた警官もいたという。

アンカラとイスタンブールでは2016年、イスラム国グループやクルド人過激派によるテロ襲撃のターゲットになり、180人以上が死亡した。

(内容を随時更新します)

▼「イスタンブール銃乱射」画像集が開きます

イスタンブールで新年に銃乱射

(スライドショーが見られない方はこちらへ)