NEWS

時天空が死去、37歳 元小結の間垣親方、悪性リンパ腫で闘病【大相撲】

2017年01月31日 01時10分 JST | 更新 2017年01月31日 01時10分 JST
時事通信社

血液のがん「悪性リンパ腫」で闘病中だった大相撲の間垣親方(元小結・時天空)が1月31日未明、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。37歳だった。モンゴル出身。日本相撲協会が発表したもので、日刊スポーツなどが報じた。

間垣親方は現役だった2016年1月に悪性リンパ腫の治療で入院していることを公表。15年7月ごろから右脇腹に痛みが発生し、同10月から抗がん剤治療に取り組んでいた。土俵への復帰を目指していたが、5場所連続全休の末、36歳だった16年8月に引退を発表し、年寄「間垣」を襲名した。

引退会見時には抗がん剤治療を終え、腫瘍が小さくなったことを明言。時津風部屋の部屋付き親方として「若い人を指導しながら、ともに成長したい」と今後について話していた。その後は親方の業務をこなしていたが、昨年11月の九州場所から休場し、治療に専念していた。
 
元小結時天空の間垣親方が悪性リンパ腫で死去37歳 - 大相撲 : 日刊スポーツより 2017/01/31 12:31)

時天空はモンゴルから2000年に東京農業大学に在学中のまま時津風部屋に入門。02年に初土俵を踏み、07年名古屋場所で小結に昇進した。14年に日本国籍を取得した。

時天空は16年8月に引退会見し、自身の病について「日にちがたつにつれ、受け入れなきゃいけないと思った。生きていくために治療に向かい合わなきゃいけない」と振り返った」と語っていた

悪性リンパ腫コトバンクによると、リンパ節、脾臓、扁桃などリンパ組織の細胞が悪性化して増殖する進行性の病気で、がんと同じ性質をもつ。病因としてウイルスや微生物があげられるが不明の点が多い。


▼画像集が開きます▼

2017年に亡くなった著名人

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

【関連記事】