「プロレスリング・ノア」元運営会社が破産 三沢光晴氏の死後に経営危機

投稿日: 更新:
MISAWA
故・三沢光晴 | 時事通信社
印刷

故・三沢光晴氏が創立したプロレス団体「プロレスリング・ノア」を運営していたピーアールエヌ(東京都江東区)は2月1日、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。帝国データバンクによると、負債額は調査中という。

同社は、「全日本プロレス」の人気レスラーとして活躍し、2009年に試合中に事故で亡くなった三沢氏が2000年7月、新団体の旗揚げに伴い設立。三沢氏が初代代表として、選手や職員の大半が全日本プロレス出身者で構成する「ノア」を運営した。

日刊スポーツによると、ノアは、東京・有明の「ディファ有明」を拠点に、全国各地で興行を実施。過去には小橋健太氏など有名選手が所属し、日本武道館が満員になるほどの盛り上がりを見せた。

ところが2009年、創始者である三沢氏が試合中に事故で死亡。それ以降、有名選手の退団が重なったことなどから、徐々に観客動員が落ち込み、経営危機に陥った。そのためピーアールエヌは2016年11月、破産申請の準備に入っていた。

プロレス事業は2016年、ノア・グローバルエンタテイメント(東京都千代田区)に譲渡された。同社によって、ノアの試合や大会はその後も行われている。同社はハフィントンポストの取材に対し、「ファンの皆さまに迷惑がかからないよう運営している」と話した。


■関連画像集「アントニオ猪木氏の団体、北朝鮮でプロレス」

Close
アントニオ猪木氏の団体、北朝鮮でプロレス
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら