Huffpost Japan

塚本幼稚園、保護者にヘイト文書 「民族差別の疑い」大阪府が調査

投稿日: 更新:
印刷

大阪市淀川区の「塚本幼稚園」が、「よこしまな考え方を持った在日韓国人・支那人」といった内容の文書を保護者に配布し、大阪府私学課が民族差別の疑いがあるとして園側から事情を聴いていることが分かった。毎日新聞などが報じている。

NHKニュースNHKニュースによると、2016年12月に元園児の保護者から情報提供を受け、大阪府私学課が籠池泰典園長らに事情聴取した。籠池氏は文書の配布を認めたが、配布理由については「保護者と裁判で争っているため答えられない」と答えたという。

テレビ朝日が入手した文書には、以下のように書かれていた。

入園しようと思っておられる人に「塚本幼稚園はこわい幼稚園よ」「先生は昼休んで、子供はほったらかしよ」「何も知らずに入園したのね」と言ってお金をもらってかもらってないか知りませんが、一緒に旅行しましょう、一緒にタコ焼きパーティしましょとか言って他の幼稚園に引っ張っている不良元保護者がいます。(中略)

風見鶏じゃあるまいし子供の一生が左右されるではありませんか。一人でしっかりと目標を持って生きていく。これは子供に対していっているだけではなく保護者であるお母さん方に言いたい事です。邪(よこしま)な考えを持った(名前は日本人なのですが)在日韓国人である・支那人であるそれらを先導する人、それに金魚のフンのようについてくる人は近づいてきます。自分の身の回りに緊張感を持って妙に接近してくる人には気をつけて、近づけぬことです。

これとは別に、幼稚園の公式サイトには、ブログを開設した同園の保護者を「韓国・中国人等の元不良保護者」と非難する文章を一時掲載。後に以下のように改めた。

これらの内容は全くの事実無根であり、保護者間の分裂を図り、当園の教育活動を著しく害するものです。

専門機関による調査の結果、投稿者は、巧妙に潜り込んだ K国・C国人等の元不良保護者であることがわかりました。

tsukamoto

同園はその後「外国人の方に対して誤解を招く表現があったことをお詫び致します」と謝罪文を掲載している

tsukamoto

塚本幼稚園は学校法人「森友学園」が運営し、教育勅語の唱和や「愛国心と誇りを育て」る教育を幼稚園児に施すことで知られる。園長と学校法人の理事長を兼ねる籠池氏は憲法改正を求める日本会議大阪の役員でもある。

森友学園が大阪府豊中市に2017年春に開校予定の「瑞穂の国記念小学院」は、安倍晋三首相の昭恵夫人が名誉校長に就任しており、用地を巡っては、国有地が鑑定価格の約1割の額で売却していたことが報じられている

関連記事

日韓ハーフが語る「差別の意図はなかった」が詭弁な理由




在特会と桜井誠・元会長に賠償命令 ネット上のヘイトスピーチ「人種差別」と認定