sabetsu

契約を解除された編集者は、同社が運営するWebメディア「&GP」で取材や記事の執筆を委託されていた。
球団側はかつて「チーム名の変更は検討していない」としていたが、ジョージ・フロイドさん殺害事件を機に方針を変えた。
「小山田氏のように障害のある人への差別や偏見を抱く人は未だに少なくない」と指摘。日本のインクルーシブ教育の課題について言及しました。
SNSで拡散された動画は、バルセロナが2019年にツアーで日本を訪れた際に撮影されたものだった。
フロイドさんの遺族と弁護人らは「歴史的」と評価し、「フロイド家と私たちの国は、回復へと一歩近づいた」との声明を発表。
セルビアのバレーボール選手が、タイチームとの試合中に「つり目」をした問題。アジア系を侮辱する仕草であり、批判を受けていた。国際バレーボール連盟が処分を発表した。
温室効果ガスの削減、取締役への女性登用。そうしたESG施策をおろそかにする企業には、司法や環境団体から厳しい目が向けられています。
コロナ禍、いち早くデジタルイベント配信サービスを開始したZAIKO。取締役のローレン・ローズ・コーカーさんに、公私にわたる取り組みやダイバーシティの実現への歩みを聞いた。
セルビアのバレーボール連盟は謝罪をするも、「事を荒立てないでください!」などとも発信した。問題となったのは、タイチームとの試合中の出来事だった。
利用客らから「DHCの商品を扱うのか」と問い合わせがあり、イオンがDHCに考え方を確認していたという。