NEWS

錦織圭、試合に敗れてラケット破壊 観客からは容赦ないブーイング (画像)

2017年02月22日 00時40分 JST | 更新 2017年02月23日 02時59分 JST

男子テニスのリオ・オープンに出場した錦織圭(27)は2月21日(日本時間22日)、1回戦で地元ブラジルのトマス・ベルッシ(29、世界ランキング76位)に4-6、3-6とストレートで敗北。まさかの初戦敗退となった。

世界ランキング5位の錦織が1回戦で敗れたのは、2015年に全米オープン初戦で敗れて以来、約1年半ぶり。

錦織は第1セットで、序盤は安定しながらも第9ゲームで先にブレークを許す苦しい展開となった。そのまま第1セットを失うと、錦織はラケットをコートに叩きつけて破壊。いら立ちと悔しさを露わにした。観客からは容赦ないブーイングを浴びた

kei nishikori 2017

nishikori smashes his racket

nishikori smashes his racket

kei nishikori 2017

第2セットも第1ゲームでブレークを許し、第7ゲームではバックショットがネットにかかるミスを連発し、またもブレークされた。そのまま試合の流れをつかめず、ストレート負けとなった。