Huffpost Japan

英語が苦手な日本人ビリヤード選手、世界大会で機転。会場を爆笑の渦に(動画)

投稿日: 更新:
OI
YouTube/ SportingMoments
印刷

英語が苦手なのに、外国人から話しかけられて、何と答えていいか分からずにドギマギしてしまった経験、あなたにはないだろうか。

プロのビリヤード選手、大井直幸さん(34)も、そんな体験をしそうになった。2月18日、ヨーロッパのジブラルタルで開催されたビリヤードの世界大会「ワールドプールマスターズ」で、ベスト8に勝ち残った。英語でテレビ局の勝利者インタビューを受けるハメになった。

しかし、彼には会場を爆笑の渦に変えるだけのユーモアがあった。片言の英語で以下のように答えたのだ。

「私の名前は大井直幸。今日、とてもラッキー。おめでとう私!英語、少しだけ。ノープロブレム。それだけ」

その後も、英語の質問に対して全く関係ない返答をした。ピコ太郎のPPAPを真似をして会場を沸かせたのだ。

イギリスの大衆紙SUNは「スポーツの歴史に残る驚くべきインタビュー」と報じた。アメリカのワシントン・ポストも「素晴らしい」と絶賛している。

外国語が苦手でも問題ない。ユーモアは世界共通語だった。大井選手の堂々とした受け答えは、そのことを教えてくれた。


■関連スライドショー

Close
リオ五輪・日本人メダリスト
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


(※開かない場合は、こちらへ)

告知

【フリーランスの「保活」イベント3月1日開催】 ハフィントンポストでは、多様な働き方・預け方について考えるイベントを開催します。フリーランスで働く方、保活に苦労している方、フリーランスの仕事に興味がある方もぜひお越しください。詳細は下記から、またはこちらのページからご確認ください。ご参加を心よりお待ちしています。

訂正箇所を連絡