エマ・ワトソン、顔にインクがついたレポーターにとった行動が素敵すぎる(動画)

投稿日: 更新:
INSTAGRAM
instagram
印刷

エマ・ワトソンを好きになってしまうエピソードが、また一つ増えた。

映画「美女と野獣」のプロモーションで、現在各国を巡っているエマ・ワトソン。スペインのTVプラットフォーム「Movistar+」のインタビューを受けている途中、ちょっとしたハプニングが起きた。

ワトソンは、熱心に話をしている共演のダン・スティーヴンスを突然さえぎると「本当にごめんなさい、ちょっとだけいい?」と、インタビューに話しかけた。

「あなたも私に同じことをしてくれると思うから、私もやりますね。あなたのあごに、ペンのインクがついているみたい」

そう言うと、立ち上がって、レポーターの顔についたインクのシミを指でぬぐって取り除いた。

— IM LAUGHING SO HARD AT THIS WHY IS SHE LIKE THIS I CANT DEAL WITH HER 😂 @EmmaWatson #EmmaWatson

Emma Watson News 🥀さん(@emmacwatsons)がシェアした投稿 -



「後から気付いたら、すごく悲しい気持ちになるだろうと思うから、とらせてください。ごめんなさい!顔に何かついていたときにどんな気持ちになるか、私も知っているから」

ワトソンはそう言うと、メイクアップアーティストを呼んで、うっすらと残るインクをコンシーラーで隠してあげるように頼んだ。

「恥ずかしい」という女性に「全然、恥ずかしいことじゃないから、気にしないで!」と伝え、ハプニングを笑いにかえたワトソン。

大勢の人が彼女に惹かれるのは、社会を変えるための行動をしていることに加え、親切や親しみやすさ、周りの人への気遣いがあるからだろう。

インクをとってもらったレポーターにとっては「最高の瞬間!」だった。

ハフィントンポストUS版に掲載された記事を翻訳・加筆しました。

【関連記事】

▼エマ・ワトソンドレス集▼

Close
エマ・ワトソン ドレス画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら