NEWS

【痛すぎる...】「炭パック」の恐怖、あなたは直視できる?

2017年03月20日 15時06分 JST | 更新 2017年03月20日 16時22分 JST
YOUTUBE/TEE CEE VIDEOS

あるブロガーが、恐ろしい炭パック体験をした。「美を追求する」ということが一体どんな結末をもたらすのか、身をもって体験したようだ。

YouTubeで「Tee Cee Videos」チャンネルを運営するティフさんが撮影した、ネットで買った炭パックをはがそうとする動画を見ていると、見ている方も顔をしかめてしまう。

動画中で、パックをはがす前にティフさんは、自分のFacebookタイムライン上で毛穴をきれいにする広告を見つけ、数週間じっくり考え思い切ってやってみたと説明する。

まさにその瞬間がやってきたのだが、彼女は実際にやってみる準備ができず、こう告白する。「これをはがすのが本当に怖くてゆっくりやってみようとしてるの。正直言ってやりたくない」

彼女が怖がるのももっともだ。ティフさんがパックをはがそうとした時、(彼女のパートナーからわずかばかりの応援を受けて)マスクは皮膚と毛と一緒にはがれそうになったのだ。

見てるだけでもかなり痛い。

色々試した後、彼女は視聴者にこう語りかける。「これがボトックスか何かをしてる時の気分かしら」

「よく考えたほうがいいかも。これはきつい。きつすぎる」

彼女はやっとのことでパックを取った。ちなみに、驚いたことに彼女はその商品をすぐにゴミ箱には捨てなかった。

美しくなるために痛みに耐えているのはティフさんだけではない。世の中では今日も、美のための涙ぐましい努力があちこちで行なわれている。

ハフィントンポストUK版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

美容整形手術の後悔を語るセレブたち

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png



73歳おじいちゃん、マッチングサイトで知り合った女性にデートをすっぽかされる。ネット民も悲しみに暮れる