NEWS

オバマケア廃止に失敗したトランプ大統領、その意外な理由は...バノン氏の偉そうな一言?

2017年03月25日 23時34分 JST | 更新 2017年03月25日 23時34分 JST

steve bannon

ホワイトハウスでの会合を終えて出てくる

アメリカのドナルド・トランプ大統領は3月24日、医療保険制度改革法(オバマケア)撤廃を目指して下院に提出した代替法案「アメリカン・ヘルス・ケア・アクト」を議会採決直前で撤回した

オバマケアの完全撤廃を求める共和党保守派「下院自由議員連盟」(フリーダム・コーカス)の支持が得られず、賛成票が足りなかったことが撤回の大きな原因となったが、その背後には、トランプ政権のスティーブ・バノン大統領首席戦略官の高圧的な態度に対する共和党保守派の反発があった。

ニュースサイト「Axios」のマイク・アレン記者によると、30人ほどの「下院自由議員連盟」メンバーが23日にホワイトハウスを訪問した時、バノン氏は開口一番、「法案に賛成票を投じる以外、君たちに選択肢はない」と語ったという。

バノン氏は議員たちにこう言った。

「いいか諸君。これは話し合いではない。討論でもない。この法案に賛成票を投じる以外、君たちに選択肢はない」

下院の共和党議員たちは、実際にはこの問題に関して選択肢があることが分かっていた。バノン氏は明らかに、その事実を見誤っていた。

下院自由議員連盟のある議員は、バノン氏にこう言ったという。

「ああ、誰からか何か命令されたのは、俺が18歳の時が最後だな。親父がそうしていたよ。俺は親父の言うことなんか聞かなかったけどな」

バノン氏のこうした屈辱的な言動があり、法案は24日、採決直前で撤回という事態となった。

ニュースサイト「デイリービースト」によると、バノン氏の命令に従わなかった議員は全員「造反者リスト」に入れられるという。

「バノン氏はトランプ大統領に、この件に関する造反者リストに入れるべきだと言った」と、ある政府高官は「デイリービースト」に語った。「バノン氏はこの法案を廃案にしようとした共和党議員をリストアップしようとしている。それを『反逆者リスト』と呼んでいいのかどうかわからないが、そのリストには載りたくないな」

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

トランプ政権の100日間

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

オバマケア代替法案、トランプ大統領が採決直前に撤回 公約の目玉で大敗北、何が起きたのか