NEWS

U字工事の益子卓郎、雪崩事故にあった山岳部OBだった「残念で言葉ない」

2017年03月28日 17時55分 JST | 更新 2017年03月28日 18時17分 JST
本人のDVDより

栃木県那須町の「那須温泉ファミリースキー場」付近で雪崩が発生し、県立大田原高山岳部の男子生徒7人と男性教員1人が死亡した事故で、同高OBのお笑いコンビU字工事・益子卓郎が、「残念で言葉もありません」との追悼コメントを出した

益子は事故当日の3月27日、公式ブログを更新。自身が大田原高出身で、事故に巻き込まれた山岳部に3年間所属していたことに触れ、哀悼の意を示した。

-----

栃木の山岳部の皆が大変な事故に遭いました…

残念で残念で言葉もありません…

僕も3年間活動した母校大高山岳部、すごく悲しいです…

ご冥福をお祈りいたします。

(本人の公式ブログ「大好き栃木」より2017-03-27 23:45:45)

-----

同じく、大田原高出身の相方・福田薫も28日、公式ブログ上で追悼のコメントを出した。

-----

栃木で雪崩の事故。

数年前に母校の大田原高校山岳部へはロケで訪れた事もありました。

悲し過ぎますね。

本当に残念です。

(本人の公式ブログ「忘れっから、メモっちゃーわっ!」より2017-03-28 04:38:04)

----

NHKニュースによると、事故は27日午前8時半ごろに発生。県内7高校の山岳部が参加した登山講習会で、深い雪をかき分けて進む「ラッセル訓練」中に、8人を含む生徒と教員の計48人が雪崩に巻き込まれた。

消防隊員が救助活動に当たったが、8人が死亡した。


■関連画像集「那須スキー場雪崩」

那須スキー場雪崩


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら