NEWS

「ひよっこ」有村架純がヒロイン演じる朝ドラ、初回視聴率は?

2017年04月03日 23時19分 JST | 更新 2017年04月03日 23時20分 JST

4月3日に放送されたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の初回放送の平均視聴率は、19.5%だった。ビデオリサーチの関東地区の調査を、毎日新聞などが報じた。

arimura

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」試写会後の記者会見でポーズをとるヒロインの有村架純さん

朝ドラの初回視聴率は2013年前期の「あまちゃん」から8作品にわたって20%超えが続いていた

「ひよっこ」は、朝ドラとしては96作目。「ちゅらさん」「おひさま」に続いて岡田惠和が脚本を手がけた。東京オリンピックが目前に迫る1964年、ヒロインの谷田部みね子(有村架純)が、2人の幼なじみと一緒に集団就職で上京。地方からの若年労働者「金の卵」として、墨田区の工場で働き始めるというストーリーだ。 NHK総合で月~土曜午前8時ほかで、全156回を予定している。

ナレーションは、スポーツジャーナリストの増田明美が担当。4月4日放送の第2話では前回のあらすじを振り返りつつ「今日から見ても大丈夫ですよ!」と、明るく視聴者に呼びかけていた。


■関連スライドショー(朝ドラのヒロイン)

NHK朝ドラ(連続テレビ小説)のヒロインたち


(※開かない場合は、こちらへ)

有村架純、2017年春のNHK朝ドラ「ひよっこ」ヒロインに



【イベント開催】
ハフィントンポストは4月6日(木)、一般社団法人シンクパールと朝日新聞社メディアラボとの共催で「もっと話そう女性のカラダ!仕事とカラダのいい関係」について考えるイベントを開きます。一人ひとりのカラダが違うこと、年齢に伴ってカラダは変化することを意識し、子宮頸がんを中心とした病気のリスクについても知る。かけがえのない大事なカラダについて、より理解を深め、会話する。健康でよりよい働き方を選択していくきっかけにしていただきたいと思います。男性の参加もお待ちしております。

【お申し込み】