NEWS

内村航平、前人未到の10連覇 「地獄ですよね」と苦笑 全日本選手権

2017年04月09日 21時09分 JST | 更新 2017年04月09日 21時45分 JST

東京体育館で4月9日に開かれた体操男子の全日本選手権で、内村航平選手が個人総合で優勝した。前人未到の10連覇だった。内村選手は2016年11月にプロ転向を発表後の初めての試合だった。朝日新聞デジタルなどが報じた。

uchimura01

男子で10連覇を達成し、笑顔を見せる内村航平=9日、東京体育館

NHKニュースによると、内村選手は9日の決勝で最初の種目のゆかは安定した着地で14.900をマークし、あん馬、つり輪、跳馬と、大きなミスなく得点を重ねた。5種目、得意の平行棒も安定した演技でまとめ、3位で迎えた最後の鉄棒で14.450をマークした。

この結果、内村選手は6種目の合計得点を86.350で優勝。自身の記録を更新する10連覇を達成するとともに、個人総合の国内外の大会の連勝を39に伸ばした。2位には0.05点差で田中佑典、3位に白井健三と、内村と同じくリオオリンピックの団体金メダリストが続いた。

uchimura2

男子決勝で鉄棒の演技をする内村航平=9日、東京体育館 


■「勝ってしまったので、期待に応え続けないといけない」

競技後の記者会見で「今回の優勝が意味する物は何か?」と問われた内村。スポニチによると、苦笑しながら、以下のように答えたという。

「いや、もう、地獄ですよね。勝ってしまったので、期待に応え続けないといけないと思う。勝ってしまったので地獄」

内村にとって、今季最大の目標は10月にカナダ・モントリオールで開かれる世界選手権だ。5月21日のNHK杯で2位以内なら代表に内定する。内村がエースを維持するのか、白井ら若手が台頭するのか。東京オリンピックに繋がる日本体操のトップをめぐる争いは、白熱している。


■関連スライドショー(リオの内村航平)

【リオ五輪】内村航平の金


(※開かない場合は、こちらへ)


内村航平、日本体操界で初の「プロ選手」へ




「僕は幸せだ。伝説の男と戦えて」内村航平に敗れたベルニャエフが称賛【リオオリンピック】