NEWS

ドラゴンクエスト11、7月29日発売決定 「ふっかつのじゅもん」も復活、「ぱふぱふ」全クリアで...

2017年04月11日 19時33分 JST | 更新 2017年04月11日 19時33分 JST
niconico

スクウェア・エニックスは4月11日、ロールプレイングゲーム(RPG)『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(ドラクエ11)を、7月29日に発売すると発表した。シリーズで初めて、ソニーの据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」と任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の両方に対応。価格は3DS版が税別5980円、PS4版が8980円だ。

シリーズ11作目となるこの作品は、「勇者」である主人公と、その勇者の元に集いし仲間たちとの壮大な冒険を描いている。悪魔の子と呼ばれる勇者が、頼れる相棒「カミュ」や怖いもの知らずの天才少女「ベロニカ」、のんびり屋の癒し手「セーニャ」などとともに、勇者とは何か、勇者の使命とは何かを自分の目で確かめるべく、広大な世界へ踏み出していく。 プロモーション動画には、6つのオーブや、虹の橋らしきものが写っている。

ゲームデザインとシナリオを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏が手がける

PS4版は大地に生えている草や、木、滝の質感などを美麗に表現。モンスターとの戦いも、大迫力で臨場感あふれる演出が楽しめる。3DS版は、立体的に表現された「3Dモード」の画面と、ドット絵で描かれた「2Dモード」の画面を切り替えてプレイできるほか、本体機能「すれちがい通信」を活用した遊びも楽しめるのが特徴だ。

どちらも同じストーリーで、オンライン形式ではなく、じっくり一人で遊べる「スタンドアロン形式」を採用。「ぱふぱふ」や、ゲームをセーブ・コンティニューする時に必要になるパスワード「ふっかつのじゅもん」など、過去作で登場したネタも多数盛り込んだ。この日の発表会で解説した堀井氏によると、「ふっかつのじゅもん」を使って、機器を取り替えて遊ぶことも可能だという。また、「ぱふぱふ」を全てクリアすると称号をもらえるという。


▼「ドラクエ11」画像集が開きます▼

ドラゴンクエスト11


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

【関連記事】

ドラクエ11「過ぎ去りし時を求めて」発売へ サブタイトルに堀井雄二氏の思い