井上雅博ヤフー前社長が死去、60歳 アメリカで交通事故

投稿日: 更新:
INOUE MASAHIRO
井上雅博さん=2007年12月 | Bloomberg via Getty Images
印刷

ヤフーの前社長、井上雅博(いのうえ・まさひろ)さんが4月25日(日本時間26日)、アメリカ・米カリフォルニア州で交通事故のため死去した。60歳だった。同社が29日に発表した

プレスリリースで「ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせ申し上げます。なお、通夜及び葬儀、お別れの会の予定は決まっておりません。詳細が決まり次第、お知らせいたします」と記した。

井上さんは1979年に東京理科大学理学部数学科を卒業。プログラマーとしてソード電算機システムに入り、ソフトバンク総合研究所を経て、92年にソフトバンクに入社した。ソフトバンクの孫正義社長の側近で、孫社長とともに1996年、アメリカのヤフーとの合弁で、日本版のヤフーを設立。同年7月に社長に就任し、ソフトバンクグループの稼ぎ頭となってきた。2012年6月に代表取締役社長を退任した。


▼画像集が開きます▼
Close
2017年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事ヤフーが週休3日制を検討する理由は? 人事担当者に聞いた「働き方改革」

「違い」こそが、イノベーションを生み出す。私たちがダイバーシティを目指す理由