NEWS

トンボのメス、気に入らないオスを追っ払うために「死んだふり」 人間から共感の声も

2017年05月02日 00時50分 JST

photo

ルリボシヤンマのオス。近くにいるメスは、多分死んだふりをする準備中だろう。

ある研究者がメスのトンボの生態を観察したところ、タイプではない男性と関わりたくない人間の女性がとりそうな行動をしていた。「擬死」だ。

チューリッヒ大学の博士課程の院生ラッシム・ケリファさんはトンボの研究をここ10年間続けている。ケリファさんはイギリスの科学雑誌「ニュー・サイエンティスト」にこう語った。「スイスのアルプス山脈でトンボの幼虫を採集していた時に、初めてこの現象を見かけました。オスがメスを追いかけていたら、メスの方が地面にぽろりと落ち、オスがいなくなるまで仰向けになって固まっていました」

この行動を見たのは初めてだったと、ニュー・サイエンティストに語った。しかし、擬死は珍しい現象ではないことが判明した。

ケリファさんの「オスからの性暴力を避けるための擬死 ――トンボにみられる、異性間の争いを防止するための究極の方法」というタイトルの研究論文が科学誌「エコロジー」に掲載された。ケリファさんが観察を続けたところ、31匹中27匹のメスのトンボが擬死を使ってオスを遠ざけようとしていた。さらにほとんどのケースで、死んだふりをするとうまく行ったようだ。

そこで疑問なのは、なぜトンボのメスはここまで必死になって、オスを遠ざけようとするのかということだ。ケリファさんがテクノロジーメディアサイト「ギズモード」に語ったところによると、メスにとって交尾は危険度が高く、一度交尾した後に別のオスと交尾すると、体内の精液が流れ落ちてしまうという。

「実をいうと、オスのペニスは高度な構造になっていて、メスの生殖器官から精液を押し出すように出来ているのです」と、ケリファさんは語った。「だから、1回の交尾だけで、卵全部を受精させるのには十分なんです。命の危険を伴うことを考えると、余計に交尾するメリットがありません」

人間の場合は事情が全く同じというわけではないが、これに刺激された女性が多数出ている。

男「ねえ、もしよかったら...」女「(遮って)無理、今死んじゃったから」

これ、バーでやったことある。

ヘッドホンを使うだけじゃもう不十分ね。

トンボだけじゃない。

自然はなんて素晴らしいんだ。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼「クールな昆虫画像集」が開きます

クールな昆虫画像集

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png



トンボの複眼は色覚遺伝子多く超多彩
渋谷に集まる若者のリアルを切り取る。映像作家、石田悠介が表現する独特の「距離感」とは?[SPONSORED]