NEWS

『日本人でよかった』神社本庁のポスターのモデルは「中国人で間違いない」 カメラマンが断言

2017年05月10日 15時21分 JST | 更新 2017年05月10日 16時30分 JST

「私 日本人でよかった」のキャッチコピーが書かれた神社本庁のポスターのモデルは中国人だったことが、ハフポストの取材で明らかになった。ポスターに使われた写真を撮影したLane Oateyさんが5月10日、「モデルは中国人で間違いない」と断言した。

このポスターには、女性の頬に日の丸のようなチークが塗られ、下部には日本国旗とともに「誇りを胸に日の丸を掲げよう」と書かれていた。全国の神社を包括する神社本庁が2011年、計6万枚を神社の境内で掲示するために配布したものだった。

祝日に国旗を掲揚することを推進するための啓発ポスターだったが、ネット上ではポスター内の女性モデルが「日本人ではなく中国人ではないか?」と話題になっていた。

写真会社「ゲッティ イメージズ」が管理する女性のイメージ写真と、そっくりではないかと指摘があったからだ。その写真は、中国・北京のカメラマンをしているLane Oateyさんが撮影した「Beauty shot of a young woman」。「若い女性」や「中国人」というキーワードが登録されていた。

99307084


■撮影したカメラマン「モデルは中国人で間違いありません」

Lane Oateyさんは5月10日、ハフポストの取材に対してメールで以下のようにコメントした。

「そのポスターは、中国でもブロガー達が取り上げたことで大きな話題になっています。このポスターに使われている写真は、2009年に私が撮影したものだと信じています。モデルは中国人で間違いありません。日本には合法的にライセンスされていると考えています。日本は知的財産権を尊重するという実績があるからです」


■神社本庁「デザイン会社は日本人の写真と認識していた」

同日、神社本庁の担当者に「モデルは中国人ではないか?」と問い合わせたところ、以下のような返答だった。

「ポスターの発注先のデザイン会社に問い合わせたところ、2011年当時『日本人』の女性として登録されていた写真を、ゲッティ・イメージズ以外の写真素材の提供会社から購入しました。その際、写真の所有者から『日本人』という確認を取っていたそうです。もし、仮にモデルが中国人であったとしても、特定の人物を指して日本人とする内容ではないので、問題にするほどでもないと思います」