【JASRAC】京都大学の式辞に著作権料? ボブ・ディランの歌詞引用で

投稿日: 更新:
印刷

ボブ・ディランの歌詞を引用した入学式の式辞を、京都大学が公式サイトに掲載したことに対して、日本音楽著作権協会(JASRAC)が5月初旬、著作権料に関わる手続きを求めた。京都大学が5月19日、ハフポスト日本版の取材に対して認めた。

shikiji
公式サイトに掲載された山極総長の式辞


■入学式で「風に吹かれて」の歌詞を引用

4月7日、京都大学の山極寿一(やまぎわ・じゅいち)総長が入学式の式辞を述べた。この中で、山極総長はボブ・ディランの「風に吹かれて」の歌詞を引用していた。

How many times a man turn his head
Pretending he just doesn’t see?

見ないふりをしながら、人はどれくらい顔を背けるのか

などの歌詞を紹介した上で、「この歌は、誤りを知っていながら、その誤りから目をそらす人を強く非難しているのです。これは、1960年代に起こったアメリカの公民権運動の賛歌で、日本でも多くの若者が口ずさんだものです」と話した。

山極総長の式辞は、京大の公式サイトにも掲載された。これに対して連休後の5月初旬、京都大学広報課にJASRACの担当者から電話で問い合わせがあったという。「歌詞の引用をサイトに掲載するには、著作権料に関わる手続きが必要」という趣旨だったという。


■京都大学「特に対応は検討していない」

京都大学の広報担当者はハフポスト日本版の取材に対して「著作権法上で認められた正当な引用の範囲内だと考えているので、特に対応は検討していない」と話した。

JASRACの担当者は「サイトに歌詞を掲載したことについて、京都大学に問い合わせをしたのは確か。引用に当たるか否かなど個別の案件については答えられない」と回答している。


■関連スライドショー(1960年代のロックスター)

Close
懐かしのポップ&ロックスター、あの人は今(60's特集)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


(※開かない場合は、こちらへ)