kyotodaigaku

僕にとって受験は、人生からの脱出ゲームだった。しかし、大学に入ってすぐに周囲との大きなギャップに気付いた。進学の意味づけ、ライフコースの解像度が、全然違う。自分にとって自由の始まりだった大学は、多くの人にとって整備された手順の一つだった。
かゆみの程度が平均でおよそ4割改善した。かゆみは患者にとって生活の質に大きく関わる。
京都大学がオンライン講座「立ち止まって、考える」を毎週土日、無料で開く。
8月10日午後、東京都内の病院で亡くなったという。
ヴェネツィアやローマ、フィレンツェに匹敵する歴史的景観は、徐々に消えつつあるのだ。