NEWS

F35戦闘機・国内製造の1号機、三菱重工が初公開【画像】

2017年06月05日 16時22分 JST | 更新 2017年06月05日 16時22分 JST

航空自衛隊への配備が始まる最新鋭の戦闘機F35Aのうち、日本で組み立てられた最初の機体が6月5日、三菱重工業小牧南工場(愛知県豊山町)で報道陣に公開された。空自の老朽化したF4戦闘機の後継機で、レーダーで探知されにくいステルス機能を備えている。時事ドットコムなどが報じた。

F35は、米英豪など9カ国が共同開発し、米ロッキード・マーチン社が中心に製造。日本の企業は開発に参加していないが、組み立てなどの製造過程の一部を担う。

空自は42機調達するが、4機は米政府の有償軍事援助(FMS)で完成機を調達。残る38機は三菱重工が米国から輸入した部品を最終的に組み立て、検査し納入する。今回公開された国内製造機は空自隊員の操縦訓練のため、米本土で使用される。
 
三菱重工、F35初公開=製造参加で最終組み立て-17年度に空自配備・愛知:時事ドットコムより 2017/06/05 13:03)

産経ニュースは「ロシアや航空戦力の増強を進める中国に対し、米軍とともに優勢を確保する狙いがある」と報じた。2017年度中に青森県の空自三沢基地に配備される

F35戦闘機については、開発や製造などを行う各国が部品を融通し合うシステムがとられていて、将来的には日本の企業が製造した部品が、アメリカなど開発にあたった9カ国のほか、運用する国としてシステムに参加しているイスラエルなどに提供される可能性もあるという。

mitsubishi

三菱重工業で最終的に組み立てられ、公開されたF35A最新鋭ステルス戦闘機の国内製造初号機=5日、愛知県豊山町


▼画像集が開きます▼

三菱重工のF35A最新鋭ステルス戦闘機

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。


関連記事 零戦が東京湾を優雅に飛行 レッドブルエアレース決勝前の観客から拍手(画像集)
「心神」が初飛行 開発費394億円の国産ステルス機【画像集・動画】