小林麻央さんのブログは「力強く前向きに生きた証、時々訪れて」 姉・麻耶さんが思いつづる

投稿日: 更新:
KOBAYASHI
小林麻耶さん、麻央さん姉妹 | 時事通信社
印刷

6月22日に乳がんで亡くなった小林麻央さん(享年34)の姉でフリーアナウンサーの小林麻耶さん(37)が26日、麻央さんの死去後初めて自身のブログを更新した。現在の心境や、麻央さんを応援してくれた人に向けて感謝のメッセージをつづった。

ブログの冒頭で麻耶さんは、「ご心配していただいたのにもかかわらず、今日までブログの更新できず、申し訳ありません」とお詫びをした上で、「6月22日最愛の妹が旅立ちました」と改めて、妹が亡くなったことを報告した。

「生まれた時から可愛くて可愛くて、どうしてこんなに妹が好きなんだろうと自分でも不思議に思ってしまうくらい心の底から大好きでした。世界一愛しい存在です」と、最愛の妹である麻央さんへの思いをつづった麻耶さん。「正直、この現実を私は受け止めることができずにいます」と、現在の苦しい胸の内を告白した。

その上で、「妹は、ブログを始めたことで多くの方々と繋がらせていただき、たくさんの励まし、勇気、力をいただきました。本当に本当に本当にありがとうございました」とブログの読者や麻央さんを応援していた人への感謝の気持ちを語った。

麻央さんのブログには、闘病生活を献身的に支える麻耶さんが幾度も登場した。5月17日には、麻央さんの浮腫んだ足をマッサージする麻耶さんの写真が投稿されている。麻央さんは「この下手そうに見えるマッサージも絶妙で、信じられない程上手なのです」とつづり、「不思議な『姉神』です。毎日ありがとう」と姉への感謝の思いを伝えていた。

麻央さんをそばで支え続けてきた麻耶さんは、「ブログの写真を楽しそうに撮る妹の姿が私は好きでした」と振り返り、「これまで妹を応援してくだった皆様 妹が力強く前向きに生きた証のブログ、これからも時々訪れていただけたら幸いです」と締めくくった。

■麻央さんを看取った翌日、ラジオ番組に出演

麻耶さんは2016年5月19日、情報バラエティー番組『バイキング』の生放送中に体調を崩して病院に緊急搬送され、6月1日に過労による体調不良のため休養すると発表した

その後、2017年4月に同番組にVTR出演し、11カ月ぶりにテレビ復帰。仕事復帰にあたっての心境や、麻央さんの闘病生活について語った。5月27日に都内で開催された自著の発売イベントに出席した際にも、「本当に妹はすごいなと、強いなと思います」「妹が常に明るいので救われています」と麻央さんへの感謝の思いを述べていた

maya kobayashi
5月27日、イベントに出席し取材に応じた麻耶さん。

サンスポによると、麻耶さんは麻央さんが亡くなった翌日にも心を奮い立たせ、東京都内でラジオ番組の収録を行ったという。

妹の死去後、数日の沈黙を経て更新された麻耶さんのブログには、「少しずつでも心が整っていくよう願います」「麻耶さん、ゆっくりしてください」と体調を気遣う声や、「これからも きっと麻央さんは みんなを見守ってくれると思います」といった励ましのコメントが多数寄せられている。