生田綾 Headshot

TTポーズって何?韓国の多国籍アイドル・TWICEが人気急上昇 女子大生「ゆるさが親近感」

投稿日: 更新:
TWICE
『TT』ミュージックビデオより
印刷

韓国発9人組ガールズグループ「TWICE(トゥワイス)」が6月28日、アルバム『#TWICE』のリリースを皮切りに日本デビューした。顔の前でTの文字を作って泣き顔を表現する"TTポーズ"の発信元となっているグループで、日本でも10代の女性を中心に人気が加熱している。

2000年代、韓流ドラマ『冬のソナタ』(2003年放送)が国内で大ヒットし、日本では大々的な"韓流ブーム"が巻き起こった。東方神起や少女時代、KARAといったK-POPアイドルグループが日本のテレビ番組に登場し、オリコンチャートに名を連ねた。

その後、日韓関係の悪化などが影響し韓流ブームは落ち着いたが、最近になって再熱の兆しを見せている。ハフポストでは5月9日、"韓流の街"といわれる東京・新大久保が10代〜20代を中心とした女性たちで賑わう様子をレポートした。2016年秋ごろから「チーズタッカルビ」が流行り始め、店は行列ができるほど人気だという。

エンタメ・音楽シーンでその兆しを牽引しているとも言えるのが、このたび日本デビューを飾ったTWICEだ。TWICEはどんなグループなのか。なぜ日本人の若い女性たちの間で人気があるのか。韓国に留学経験があり、K-POPファン歴7年の20代の女子大生に話を聞いた。

まずは...「TWICE」ってこんなグループ

TWICEは、2015年に韓国でデビューしたアイドルグループ。韓国で放送されていたサバイバル形式のオーディション番組『SIXTEEN』で選抜された、9人のメンバーから構成されている。韓国三大芸能事務所のJYPエンターテイメント所属。「いい音楽で1回、素晴らしいパフォーマンスで2回、魅了させる」をコンセプトにしている。

twice

韓国ではこれまでに4作のミニアルバムを発売しており、これまでに『CHEER UP』『TT』『SIGNAL』といったヒット曲を生み出した。

TWICEを語る上で欠かせない点が、グローバル戦略に合わせて、グループ内に日本出身、台湾出身のメンバーがいるということだ。韓国出身のメンバーは5人(ダヒョン、ジョンヨン、チェヨン、ナヨン、ジヒョ)、日本出身のメンバーは3人(サナ、ミナ、モモ)、台湾出身のメンバーが1人(ツウィ)いる。

女子中高生の人気を集めたきっかけのひとつが、ヒット曲『TT』の振り付けで登場する"TTポーズ"だ。両手の親指と人差し指を使って泣いている顔文字「(T_T)」を表現するポーズで、その仕草の可愛らしさや小顔効果もあるという理由から、SNSを利用する若い女性の間でブームになった。

▼"TTポーズ"が登場する楽曲『TT』の日本語版

▼こちらがオリジナルの韓国語バージョン。YouTubeの再生回数は2億回を超えるほど。

TWICEは、結成して早い時期から韓国に限らず台湾や中国、日本でも人気を集めたが、多国籍グループならではの話題もあった。2016年、台湾の総統選期間中に台湾人メンバーのツウィがテレビ出演した際、台湾の旗を持っていたことが原因で大論争を引き起こした。「ツウィが台湾独立運動を支持している」と中国人ファンから非難が殺到し、事務所が公式見解を発表、本人はYouTubeを通して謝罪した。

TWICEは、なぜ人気なのか。K-POPが大好きな日本人に聞いてみた

日本デビュー前からK-POPファンや女子中高生から支持を得ているTWICEだが、人気の理由は何なのか。緊迫化する日韓関係の影響で「嫌韓ブーム」といった反動もあるが、韓流が好きな女性たちは政治と音楽をどのように考えているのか。

韓国に留学経験がある20代の日本人女子大生に話を聞いた。

——TWICEは好きですか?

かわいいと思います。人気がある理由もわかります。

留学中も、TWICEの曲を聞かない日はありませんでした。日本出身メンバー・サナの振り付けを他の芸能人がしているのを見たりもしました。メンバーみんなが元気いっぱいで、曲を聞くと元気が出ます。韓国の大学の授業はなかなかハードですが、『CHEER UP』を聞くとテンションが上がって勉強もはかどりました。

ただ、プロデュースに問題があるかな、と思います。いろんなところから"おいしいところ"取りしているイメージがあります。

——おいしいところって、例えばどういうところが?

各MVも有名作品へのオマージュが多いのですが、1度なら良いけれど毎回それだとオリジナリティがないのでは…と思うのと、元の作品を超えるクオリティにしないと、ただ威光を借りているだけではとも思ってしまいます。

『SIGNAL(シグナル)』の超能力ネタも直近で別のグループ(EXO※)がやっていたりもして、ちょっと揉めました。その前にも、「EXOのコンサートでの映像のコンセプトをパクったのでは?」と言われていました。

長年のK-POPファンとしては、オーディション番組を勝ち上がってきて、実力もあるであろう子たちを安直なコンセプトで消費しても良いのかな、と思ってしまいます。

(※)エクソ。2012年にデビューした韓国アイドルグループ。メンバーは全員宇宙人で、地球に不時着して記憶を失くしてしまったという設定になっている。

▼『SIGNAL』のミュージックビデオ

——なぜ日本人の若い女性にTWICEは人気があると思いますか?

テーマの選び方がうまいのかなと思います。例えば、スマホの向こうで相手からの連絡を待つドキドキ感とか、すごく女の子ウケが良さそうですよね。

どんどん振り付けの難易度が上がっているK-POP界で、真似できるくらいキャッチーで、覚えやすいフリというのは画期的だったと思います。踊り込まない、歌い込まない、ある種のゆるさが親近感につながってウケているのかなと思います。

twice

——日本出身のメンバーがいるというのも関係ある?

日本出身メンバーの存在は相当大きいと思います。韓国人のメンバーが一生懸命日本語を頑張って話してくれる良さもありますが、こっちを向いてくれているという印象を持ちます。

あとは、憧れの存在になり得るというところも大きいと思います。K-POPファンの中には、「韓国人になりたい」と思うほど、韓国発の“かわいい“コンテンツから文化をはじめとする韓国のすべてを肯定している女の子がいます。特にそういった層の女の子たちにとって、「私もTWICEになりたい!」という願望を持てると思います。

なんとなく、TWICEの世界観は従来のK-POPよりも日本のアイドル文化にあるものと近いように感じます。「強い女の子」よりも、「可愛らしい女の子」という感じ。

twice

——「嫌韓ブーム」についてはどう感じていますか。音楽と政治は関係ないと思いますか?

日本人ファンの中にも、「嫌韓」の論理を内在化していて、結構軽く「反日」と口にしたりする子もいると思います。例えば、韓国人のアイドルが元慰安婦のおばあさんたちへのサポートを表明するブレスレットをつけているのを見ると、「反日で萎えた」と言ったり。「韓国も韓国人も嫌いだけど、アイドルは好き」という子もいます。

——好きなK-POPアイドルが政治的なメッセージを発信したり、「反日」的とも捉えられるような行動をしているのを見たら、一気に幻滅しちゃう、ということ?

韓国では、アイドルが政治的なメッセージを発信することに対して、そこまで抵抗感がないように思えます。一方で、日本では芸能人が政治的な発言をするのを望まない人って、結構いるんじゃないでしょうか。

そうした風潮が相まってか、日韓問題にも絡む政治的な言動をアイドルがしているのをみたら、「反日」と言っているようにもみえます。ちょっとムッとしたこと、ちょっとした反感を表現するツールがなく、「反日」と表現するのかな、とも思います。

主催者側が無神経だとは思いますが、日韓の合同コンサートでアイドルが『独島は我が領土』を歌ったこともありました。そうした行動がネット社会ですぐ伝わってしまうこと、ネット上で触れられるK-POP以外の韓国コンテンツの質の悪さ(デマゴーグなど)が、ファンの「反日だよね」発言につながっているのかなと思います。

案外、「嫌韓」の影響力は大きいんです。そういった意味でも、音楽と政治は関係ないとは言えないかなと思います。