世間話、上手になるコツがあった。ハーバード大学の調査で判明

投稿日: 更新:
TALK DATE
AntonioGuillem via Getty Images
印刷

飲み会やパーティでの気まずい会話を切り抜ける、研究に基づいた秘けつを紹介しよう。

ずばり、ひたすら話し相手に質問をしよう。
そして、フォローアップ質問もたくさんしよう。

ポイントはこのふたつ。これを知っているだけで、世間話が苦手な人も気が楽になるはずだ。

人間による会話に関する一連の研究で、ハーバードビジネススクールの博士課程学生カレン・ファン氏と研究チームは、お互いを知ろうとしている人同士における対面およびオンラインでの会話、300以上の事例を分析した。

オンラインの会話では、参加者はランダムに相手を割り当てられ、15分間話した。最初の研究で、研究チームは各ペアのうちの1人に、たくさんの質問(少なくとも9個)するよう指示するか、もしくはちょっとしか質問しない(4個以下)よう指示した。

会話を終えた後、参加者たちは自分のパートナーをどれぐらい好ましく思ったか報告した。結論は、より多くの質問をした人、とくにフォローアップの質問をした人が、より好ましいと見なされていた。

via GIPHY

「ええ、聞きたいことがたくさんあるんです」

次に行われた研究では、参加者はオンラインで15分間話をしたが、今回は質問の数について指示は受けなかった。彼らはただ、たくさんの質問をする、もしくは少しだけ質問するように言われた。

その後、第三者である観察者がこれらの会話を書き出したものを読んだ。すると「観察者は、たくさん質問する人より、たくさんの質問に答えた人の方をより好ましいと感じたという。

「私たちは、これは多くの質問に答えた人が、結局のところ、自分の考えやアイデア、見方についてより多くの情報を開示することになるからだろうと思っています」とファン氏はハフポストUS版に語った。「彼らは、より興味深く、完全に見えるのです」

そうなると、うまく世間話をするコツは、ファン氏によれば、「あまり知りたがりになることなく、質問をすることと質問に答えることのバランスを取ること」だ。

質問する(ただし節度を持って)ことは、あなたのデートにとってもいいことかもしれない。

研究グループは、以前に発表された出会い系のイベントに参加した110人の調査データにも目を向け、参加者たちの「質問」と「フォローアップの質問」の数を分析した。調査によると、フォローアップの質問をした人は、2度目のデートを約束した確率がより高かったという結論を出した。

ここから学べる大事なことは何か。良質なフォローアップとなる質問は、素晴らしい効果があるということだ。「対話をしようとして、FBI(連邦捜査局)のような尋問をしてはいけない」とデブラ・ファイン氏は言う。彼女は、著名なコミュニケーションの専門家で「The Fine Art of Small Talk(世間話という芸術)」の著者である。

「良い会話には、単に質問をして、話題が次々に移り変わっていくより、ずっと多くのものが含まれます」とファイン氏はハフポストUS版に語った。「フォローアップの質問が秘けつですが、これがなければ、会話は次から次へと関連のない、本質的な内容に欠ける質問ばかりになるからです」

以下は、ハーバードの研究グールプには関与していないファイン氏が提供した短い質問リストだ。こうした質問で、あなたは知らない人ともうまく世間話ができるだろう(どういたしまして、社交的で内向的なみなさん)。

1. 「趣味は何ですか?」または「仕事や学校以外では、何をするのに忙しいですか?」

「これらは、ビジネスのやり取りで私がよく使う標準的な質問です」とファイン氏は語った。「その人について、仕事以外のことを知ることができるので、ビジネスの場でも友好関係を育めます」

2. 「どこのご出身ですか?」

「これは、その人があなたと同じ出身地の場合であっても、うまくいきます」とファイン氏は語る。「この場合の自然なフォローアップの質問は、『他の場所に住もうと考えたことはありますか?』や『ここでの生活で一番好きなこと、または嫌いなことはなんですか?』となります。彼らの出身地が異なる場合、故郷で一番恋しいものは何か尋ねましょう」

3. 「仕事や家族、もしくはあなたが(以前に)関心があると言っていた趣味はどんな感じですか?」

「以前会ったことがある人の場合、すでに知っていることを思い出して準備します。一番困るのは、何にも話すことがない場合ですね」。その場合は、あらためて今回学んだことを生かして、いろいろ質問すればいいだろう。

ハフポストUS版に掲載されたものを翻訳・編集しました。【関連記事】

シャイとは違う。内向的な人のコミュニケーションの10の特徴


hitori

ハフポスト日本版は、自立した個人の生きかたを特集する企画『#だからひとりが好き』を始めました。

学校や職場などでみんなと一緒でなければいけないという同調圧力に悩んだり、過度にみんなとつながろうとして疲弊したり...。繋がることが奨励され、ひとりで過ごす人は「ぼっち」「非リア」などという言葉とともに、否定的なイメージで語られる風潮もあります。

企画ではみんなと過ごすことと同様に、ひとりで過ごす大切さ(と楽しさ)を伝えていきます。

読者との双方向コミュニケーションを通して「ひとりを肯定する社会」について、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

『だからひとりが好き』Facebookページも開設しました。最新記事や動画をお知らせします。

ハッシュタグ #だからひとりが好き も用意しました。みなさんの体験や思いを聞かせてください。

シェアしたい思いや発信したい声がありましたら、hitori@huffingtonpost.jpにお寄せください。