「私のしわは最高に美しい」難病と向き合う26歳のモデルは伝える

投稿日: 更新:
印刷

「あなたの持つ不完全な部分は、そのそれぞれが…あなたの物語や、あなたが何者であるかを語るのです」

サラ・グラーツさんは、自分のしわを「最高に美しいもの」だと考えている。

この26歳のモデルが、難病のエーラース・ダンロス症候群であると診断されたのは、たった10歳のときだった。エーラース・ダンロス症候群とは、身体がコラーゲンを作る能力に影響を生じる結合組織病である。グラーツさんには皮膚脆弱症と呼ばれる珍しい症状があり、早い時期から皮膚にしわが生じてしまう。

「あなたの持つ不完全な部分は、そのそれぞれがあなたの個性であり、あなたの物語やあなたが何者であるか、そしてあなたが今までに経験した苦闘や旅を語るのです」と、グラーツさんは動画を企画したバークロフトTVに話した。

映像によると、グラーツさんは「自分が22、23歳になって初めて、本当に自分の体を愛し、しわも愛するようになりました」と語った。今、彼女は自身のモデル活動を通じて、エーラース・ダンロス症候群の顔となって、同じ症状を持つ他の人たちに、「あなたたちはそのままで美しいんだ」ということを伝えたいと願っている。

グラーツさんはこう語る。「世界で、エーラース・ダンロス症候群とともに生き、苦しんでいるすべての人に、支援団体は素晴らしいと伝えたいです。あなたは美しくて、したい事は何でもできるし、どんな夢でも叶えることができる。絶対に」

サラ、あなたは本当に素晴らしい。

via GIPHY

ハフポストUS版に掲載されたものを翻訳・編集しました。

ladiesbeopen

ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。


女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そう女性のカラダ も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp


■画像集

Close
セレブの自撮りビキニ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(※開かない場合は、こちらへ)