NEWS

「レイプと題した作品は絶対出演しなかった」元AV女優・大塚咲さんの告白

2017年08月01日 15時32分 JST | 更新 2017年08月23日 15時33分 JST

saki

大塚咲さん(本人提供)

元AV女優で、現在は写真家・画家として活動する大塚咲さんは不満を感じている。改正刑法の強姦罪の規定に関してだ。

刑法の性犯罪に関する条文が110年ぶりに改正され、7月13日に施行された。被害者本人が加害者を告訴しなくてはならない「親告罪」を廃止。強姦の場合は最低3年だった懲役が最低5年となり、性犯罪をより厳しく罰するようになった。

しかし、大塚さんは次のように指摘する。

「親告罪ではなくなったのはいいことだと思うけど、『5年か』って鼻で笑ってしまいましたよ。身体を傷つけたら厳しい罪に問われるのに、心ってものに対してはずいぶん価値を低く見積もってるなと。レイプは魂の殺人です。だからそれなりに罪を重くしないと。最低5年では、今後も被害者は減らないと思います」


■フラッシュバックに苦しめられたレイプ被害

大塚さんには壮絶な過去がある。高校1年生だった15歳の時、英語検定を受けるために学校に向かう途中、見知らぬ男からレイプされた。ナイフを突きつけられ、首を絞められて「声出したら、殺すよ?」と笑いながら犯され、抵抗などできなかった。6月に出版した著書『よわむし』(双葉社)で、その時のことをこう振り返っている。

私は自分が何の力もない女の子だという事を知っている。男の、ましてや大人の男にかなうわけがない。今、抵抗をしても、男を怒らせるだけだ。殴られて痛い思いをして、それでもまた、この現実が続行するだけだ。

......消えてしまいたかった。"私の現実"ごと消えてしまいたかった。自分が女である事も、自分の無力さも全て、消えてなくなって欲しかった。

(大塚咲『よわむし』より)

その後は平気だと自己暗示をかけながら学校に通っていたが、友達と一緒にいても「仲はいいけど1人ぼっち」な感覚を味わい続けた。学校にいると視界に白いモヤのようなものが現れて、現実を現実と受け止められなくなった。

無邪気に「彼氏との初エッチ」を告白する同級生をうらやましがり、下ネタで盛り上がる日々を送りながらも、被害者になってしまったことで両親に対する罪悪感や、フラッシュバックにも苦しめられた。

「中高一貫の女子校でしたが、ちょうど私が中等部の頃に『コギャルブーム』が来たせいか、文化祭などがあると性的な目的で学校に来る、大人の男性はいたんです。そういうこともあり、痴漢被害に遭う生徒は他にもいましたね」

「でも学校の友達は気の良い子ばかりで、いじめもなく平和な雰囲気でした。だから『なぜ私が狙われたのか』という疑問がありながらも、ずっと『同級生が被害に遭わなくてよかった』とも思っていました。友人たちは、幸せなままでいて欲しいって気持ちが強くて」

事件現場が学校のすぐ近くだったことで「学校が恐怖を思い出す場所」となってしまい、学校を辞めることが今の自分の心には必要と感じた。


■自分の身に起きたことを納得したくて、AV女優に

高校2年生の終わりに自主退学をし、単位制高校に通って高校卒業資格を得たのち、2004年に大塚さんはAV女優となる。それは自身と同じ経験をした仲間を、探し求めていたから。そしてAV業界で一番になることで、過去に起きたことを納得したかったからだ。

......そこに行けば仲間がいるのかな? どんな生活をしているのかな? AV業界ってどんなところだろう......そこは、ダークなイメージだ。社会の底辺? 汚い業界? 欲だらけの世界? 本当にそうなのかな?

あの業界に行って、売れよう。そしたら、諦めがつく。だから、しょうがなかったんじゃないかってそう思ってしまったほうが、いっそ、納得がいく。
私は、性という欲が怖い。性が怖いなら、そこに私を投げてしまえ。荒療治って言うけど、きっとそれだ。

(大塚咲『よわむし』より)

しかしデビュー作のギャラを巡り事務所と意見が合わないこともあった大塚さんには、出演依頼が来るのはハードな作品ばかりだった。

演技のスイッチは入るものの、「2人の男優に襲われ、髪をつかまれたり頬を叩かれてのレイプ」シーンなど、トラウマをえぐる撮影現場にも遭遇した。雑誌のグラビア撮影現場では、カメラマンに脅されてレイプされたこともあったそうだ。

23歳のとき、当時のマネージャーとの間に子どもができて結婚した。だがこの時点では引退せず、産後3カ月でAVに復帰し、以降大塚さんの出演作はヒットしだした。

念願の人気女優となり2012年に引退するが、デビュー作から一貫して「レイプ」と書かれたタイトルには出演していない。理由は「そのジャンルの存在自体に、強烈な嫌悪感と拒絶感があったから」だと明かした。

「とはいえ被害に遭ったこともAVに出演していたことも、私の中ではもう整理がついてるんです。一方で被害に遭って、今まさにどうしていいかわからなかったり、なぜレイプ被害者がわざわざAV業界に入ったかがわからない人もいると思います。そういう人にこそ私の本を読んでもらいたくて。また『薄着で暗い中歩いていたから、襲われたのだろう』のように、被害者に落ち度があるような物言いをする人もいますが、地味な服装の15歳が、真っ昼間に被害に遭ったことを知れば、被害者に落ち度がないこともわかると思います」


■厳罰化が性犯罪被害者を減らすカギに

性犯罪被害者を減らすためには何が必要だと思うか。そう聞くと、大塚さんは「より厳しい罰を加害者に与えることではないか」と答えた。加害者を罰したところで、被害者の傷は軽くはならない。しかし性犯罪はとても重い罪だという認識を共有することが、加害の抑止に一役買うと信じているからだ。

「少し前に医師や学生による集団レイプ事件がありましたが、まさに集団心理が働いてしまったのかなと思うんですよね。罪を重くすれば集団心理が働くどころか、止める人も出てくるのではないかと思います」

「それにしてもプラス2年って、なんの2年なんでしょうね? その根拠や内訳を知りたいです。そしてこの国の司法には、加害者の反省を考慮する『情状酌量』はあるのに、被害者の心を救済する目線はないのでしょうか。110年ぶりに改正されてもたったの2年増えただけなら、それ以上増やすには一体何百年かかるんでしょうね? ......刑法改正のニュースを見た時、納得がいかなくて1人でヤケ酒しちゃいましたよ」

今回の刑法改正には、施行3年後に規定を見直すという付則がある。大塚さんのように、納得がいかないという声がどれだけ反映されるのかは、この3年にかかっている。

■大塚咲さんのプロフィール

saki03
大塚咲(おおつか・さき)。1984年生まれ、東京出身。写真家・画家。 2004年よりAV女優として活動。2006年にはファッションブランドにイラストを提供。展覧会に参加。( METAL ADDICTION 2007秋冬展) 2011年より、写真を撮り始め、写真家としての活動を開始。 2012年にセルフポートレート写真集"密賣NUDE"がERECT Magazineか ら発売される。以後、週刊誌でグラビア連載、川上ゆう写真集『W(ウーマ ン)』の撮影をするなど精力的に活動中。

(取材・執筆:玖保樹鈴)