NEWS

血まみれの女子中学生が土下座する写真がネットで拡散⇒先輩女子によるリンチだった

3カ月前に伏線となる出来事があった

2017年09月15日 11時58分 JST | 更新 2017年09月15日 12時01分 JST

韓国のSNS上で血まみれの少女が土下座している画像が話題になり、釜山沙上警察署は9月13日、特殊傷害容疑で中学3年の女子生徒A(15)の逮捕状を請求した。同じ学校の後輩を、椅子で殴るなどして暴行した疑いがある。中央日報などが報じた。


聯合ニュースによると、この画像がSNS上で拡散され始めたのは9月3日ごろ。画像はFacebookメッセンジャーの会話を画面キャプチャしたもので、全身血まみれでひざまずいている少女の写真とともに、次のようなやりとりが繰り広げられていた。

「ひどい?」

「あんたが?」

「入れられるかな? 私」

「あんた一人で殴ったの? マジ頭おかしいwww」

「入れられる」とは刑務所のことを指し、暴行には刃物も使ったとの会話が交わされたという。

ニュース1によると、この写真は1日に撮影された。Aと友人B(15)が午後8時30分ごろ、釜山市の金属加工工場前で、同じ中学の2年生の女子生徒Cさん(14)を鉄骨資材、ガラス瓶や椅子で殴打した疑いがある

暴行のあと、AとBは現場から立ち去った。血を流して歩いていたCさんを通行人が発見し、警察に通報した。Cさんは後頭部や口の中が裂ける傷を負った

ネットに広まった写真はAが撮影し、先輩に送付。激怒した先輩がSNSに公開したことから広まった。SNSでは「釜山市沙下区女子中学生集団特殊傷害」などのタイトルで拡散した

テレビ朝鮮は3日、この暴行の様子を捉えた監視カメラの映像を伝えた。動画には、Cさんと思われる女性が髪の毛を引っ張られ、路地奥まで連れて行かれて、AとBから殴る蹴るの暴行を加えられ、さらには椅子や鈍器で殴られる様子が映っていた。AとBのほかに2人の姿もあった。

■男友達が電話をかけたことがリンチのきっかけか

朝鮮日報によると、このリンチには3カ月前に伏線となる出来事があった。

警察は9月3日から加害者AとBの調査を始めたことを明らかにした。このとき警察は、「AとBは、犯行から約3時間後に警察に自首した」「Cさんは言葉遣いや態度が気に入らないとの理由で、工場まで連れて行かれ暴行を振るわれた」などと説明していた

しかし、この事件の1カ月半ほど前にも、CさんはAやBらから暴力を振るわれていた。

AとBら5人は6月29日午後2時頃、男友達がCさんに電話をかけたことを理由に、Cさんをカラオケボックスに呼び出し、マイクで殴るなどの暴行を加えた。Cさんは警察に通報したが、警察の捜査は進められなかった。

■少年法を疑問視する声があがる

この事件に対し、韓国では少年法を疑問視する声があがっている。

東亜日報によると、韓国の刑法は、14歳までの少年は刑事処罰の対象とならないと定めている。今回の加害者のうちの1人は2003年9月以降の生まれで、処罰を逃れることとなった。

一方、残りの3人は刑事処罰の対象だ。韓国の少年法は、14歳から19歳までの少年に対して量刑を軽くすると定めている。成人の最高刑は死刑だが、少年法対象者は懲役15年だ。

事件を受けて、大統領府の公式サイトにある「国民請願および提案」コーナーには、青少年犯罪処罰強化を求める請願が複数掲載された。請願参加人数が最も多いものは、15日午前11時現在で27万人に達しそうだ。

ある請願は「14歳以上なら、正しい判断力を持てる年齢」「韓国の青少年関連法は弱すぎ」などと主張。「青少年も成人同様に法的に罰を受けるように法を強化してください」などと書かれていた。

(翻訳:植田祐介)

ハフポスト韓国版より翻訳・加筆しました。