WORLD

スイスの銀行のトイレが詰まる その原因は10万ユーロもの現金だった。

地元検察「現金を捨てたり、トイレを詰まらせたりするのは犯罪ではないが...」

2017年10月09日 17時04分 JST | 更新 2017年10月09日 20時37分 JST
J2R via Getty Images
※写真はイメージです

スイスの銀行である珍事が起きた。

トイレがつまってしまったのだが、その原因がなんと、10万ユーロ(約1320万円)もの現金だったというから驚きだ。検察が現金の出どころを捜査していると、ブルームバーグなどが報じた。

skynewsなどによると、はじめに「トイレ詰まり」が起きたのは、ジュネーヴの金融街に位置するUBS銀行の貸金庫があるトイレ。そこから500ユーロ札の束が見つかった。

その数日後の5月、同銀行ジュネーヴ支店の近くにある3つのレストランで、トイレの便器に詰まった500ユーロ札の束が見つかった。

トイレのパイプ詰まりを直す配管工事に、数千フラン(数十万円)ほどかかるとみられるという。

ブルームバーグによると、警察は回収した札束の中から、数万ユーロもの現金を確認。その大部分がはさみによる切れ目が入っていた。

ジュネーヴ検察のビンセント・デローアンド氏は、skynewsの取材に対して「現金を捨てたり、トイレを詰まらせたりするのは犯罪ではない」と説明。現時点で、この現金が犯罪に関わるようなものかどうか確証はないと述べた。

デローアンド氏は続けて、「金をトイレに流した動機に関心があるが、まずはこの金がどこからきたものかを明らかにする必要がある」と捜査に乗り出す方針を語った。

ヨーロッパ中央銀行は2016年、マネーロンダリングなどの違法行為に使用される恐れなどから、500ユーロ札を廃止すると発表していた。

UBS銀行側は、この件についてコメントを出していない。