ライフスタイル

最上もが、テレビでバイセクシュアルを告白「10歳ぐらいから女の子の方が好きだった」

過去にもブログで語っていました。

2017年10月18日 13時48分 JST | 更新 2017年10月18日 18時49分 JST
時事通信社
最上もがさん

アイドルグループ「でんぱ組.inc」の元メンバー最上もがが、10月17日放送の「テッペン!『有田哲平の夢なら醒めないで』」にゲスト出演し、自身がバイセクシュアルであることを明かした。

番組内のインタビューで理想のタイプを聞かれた最上は、「分かりません。というかあんまり人を好きにならないです」と一旦はぐらかした。続けて「10歳ぐらいの頃から、普通に女の子の方が好きだったんですよ」と、女性も恋愛対象であると告白。

さらに、ある女性芸能人を本気で好きになったことがあると打ち明けた。その人とは2人でお酒を飲む関係で、ハグやキスをされたエピソードも紹介。

自分の思いを伝えたのかと尋ねられると、「『付き合ってください』はないですけど、好きですみたいのは言ってて」と答えた。ところが相手が結婚してしまい、交際には発展しなかったという。

このエピソードにスタジオは騒然。司会のお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平は、「なかなかのカミングアウトですよ。軽く言っているけど」とびっくりした様子。鈴木あきえが「誰ですか?」と尋ねたが、最上は「結婚なさっているので」と言うにとどめた。

最上は過去にも、自身の公式ブログで「ちなみにぼくはレズじゃないです。バイです」とつづっていた