ライフスタイル

交際1年のカップル、カバに見守られて永遠の愛を誓う

ばっちりカメラ目線です👀

2017年10月25日 15時06分 JST | 更新 2017年10月25日 17時23分 JST
Instagram

交際1周年のカップルが、かわいい赤ちゃんカバに見守られながらプロポーズ大作戦を成就させ、10月8日に婚約しました。ハフポストUK版などが伝えています。

プロポーズの瞬間、その背後にはカバがばっちりカメラ目線で写っていました。

交際1周年の記念日に彼女のヘイリー・ロールさんに結婚の申し込みをしたニック・ケルベルさん。プロポーズの場所に選んだのは、ふたりのお気に入りのデートスポット、アメリカ・オハイオ州のシンシナティ動物園でした。それも、2人が特に大好きな赤ちゃんカバのフィオナの前でプロポーズをしようと決意したのです。

もちろん、ヘイリーさんは、そんなサプライズが待ち受けているとは知らず、いつも通り動物園の人気者・フィオーナの前に列を作っていました。

「ニックと私は列に並んでフィオナと写真を撮る順番を待っていたの。いよいよ順番が来て、写真を撮ってもらうために後ろに並んでいた人にスマホを渡してニックの方を振り返ると、彼がひざまづいていたんです。」

ヘイリーさんは当時の様子をDailyBuzzにそう語りました。

Instagram

Instagram

Instagram

見知らぬ人に撮ってもらったカバと未来の夫との歴史的3ショットをInstagramに投稿したヘイリーさんは、「この特別な日にフィオナがいてくれて本当に幸せ」とつづっています。この投稿には「婚約の瞬間をフィオナに立ち会ってもらえるなんて超ラッキーだね」といった祝福のコメントが相次いぎました。

  ◇

フィオナは生後10ヵ月の赤ちゃんカバ。予定より6週間も早く、小さな体で生まれてきたフィオナですが、一生懸命生き延び成長してきました。

その様子は、動物園の公式Instagramアカウントや来場者を通じて「#teamfiona」のハッシュタグを使って伝えられてきました。

カップルがフィオナに対面したのも実はこのプロポーズの時が初めて。ずっと「#teamfiona」のハッシュタグを通じて、フィオナが生まれた時からその様子を見守っており、会いたいと願っていたのだといいます。

ずっと会いたかった赤ちゃんカバの前で、結婚の誓いを交わしたふたり。末長くお幸せに♡