NEWS

サザエさん、東芝がCM降板へ 高須クリニックが後継スポンサーに名乗り

高須克弥氏「電通とフジテレビにすぐに連絡した」

2017年11月01日 11時06分 JST | 更新 2017年11月01日 11時12分 JST
時事通信社
試合前の始球式に登場したサザエさん一家=2016年4月29日、福岡ヤフオクドーム 

経営危機に陥った東芝が、人気TVアニメ「サザエさん」の番組スポンサーを降板する方向で調整に入った。11月1日、共同通信などが報じた。

東芝は、1969年10月に「サザエさん」の放送がフジテレビ系で放送が始まってから、48年間にわたってCMを提供してきた。冷蔵庫や洗濯機など白物家電を中心に紹介してきた。

家電市場が頭打ちになった1998年に1社提供を終了。2016年6月には白物家電事業を中国メーカーに売却したが、企業イメージを維持するために、サザエさんのスポンサー契約は継続してきた。

アメリカ原発事業の巨額損失により、2017年3月期決算で負債が資産を上回る債務超過に陥るなど、危機的な財務状況になった。半導体子会社「東芝メモリ」を2018年3月まで売却し、債務超過を解消することを目指している。

時事ドットコムによると、東芝の綱川智社長は6月23日の会見では「一定の有効価値があり、何か変更を決めたことはない」として、CM提供を継続する考えを表明していた。

東芝の広報担当者に聞いたが、ハフポスト日本版の取材に対して「サザエさんのCMを降板する報道があるのは承知していますが、弊社が発信した情報ではなく、現時点で発表できることは何もありません」とコメントしている。

■高須クリニックが後継スポンサーに名乗り

各社の報道を受けて、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は11月1日、「サザエさん」の後継のスポンサーに名乗りを上げる意向であることを明らかにした。公式Twitterで「電通とフジテレビにすぐに連絡した」と報告している。