WORLD

テキサスの銃乱射、26人が死亡 容疑者の26歳男も死亡(UPDATE)

被害者には14歳の少女も含まれています。

2017年11月06日 07時40分 JST | 更新 2017年11月06日 10時45分 JST
SUZANNE CORDEIRO via Getty Images
銃乱射があった教会の近く(2017年11月5日撮影)

アメリカ・テキサス州のサンアントニオの教会で銃乱射事件が起き、少なくとも20人が死亡したとニューヨークタイムズなどが伝えた。

州の警察当局は「少なくとも20人が亡くなった」としている。容疑者の男も死亡した模様だが、身元も含め、詳細はわかっていない。

ABCニュースによると、亡くなった人の中には、牧師の娘(14)ら複数の子どもが含まれていたという。

アジアを歴訪中で日本滞在中のアメリカのドナルド・トランプ大統領は自身のTwitterで「日本から被害者のご冥福を祈る」と遺憾の意を表した。

【UPDATE】2017/11/06/10:45

ニューヨークタイムズなどによると、死亡者が新たに確認され、少なくとも26人となった。この他にも、少なくとも20人がけがをした。

また複数の司法当局者の話として、乱射した男はデビン・ケリー(26)容疑者と確認されたと伝えている。ケリー容疑者は、教会近くのガソリンスタンドに車を停めた後、犯行に及んだという。