NEWS

元女子バレーの滝沢ななえ、年下女性との交際をカミングアウト「私らしく生きてける」

「家族にも言えなかった。堂々と『私はこうです』と明るく生きていきたい」

2017年11月17日 16時37分 JST | 更新 2017年11月17日 19時15分 JST

元女子バレーボール選手の滝沢ななえさん(30)が11月16日、バラエティ番組「衝撃のアノ人に会ってみた」(日本テレビ系)に出演し、年下の女性と交際していることを明かした。

1987年生まれの滝沢さんは、小学校2年生からバレーボールを始めた。東京都の八王子実践高校を卒業後に、Vリーグの女子バレーボールチーム「パイオニアレッドウィングス」に入団。その後、上尾メディックスに移籍し、2013年に退団した

最前列・右から2番目が滝沢さん

番組では滝沢さんがかつて「日本スポーツ史上最高の美女」と報じられていたことを紹介。現在は東京の女性専用ジムで、美尻専門トレーナーと活躍していることを伝えた。

番組レポーターから「お付き合いしている方はいますか?」と聞かれると、滝沢さんは「公にするのは初めて」と前置きした上で、「実は私、女性の方と付き合っているんです」とはっきり答えた。

交際については、「家族にも言えなかったし、変に取られるんじゃないかって、やっぱり怖かった部分がすごくありました」とコメント。しかし今では、「本当に堂々と、『私はこうです』というふうに、明るく生きていきたい」と感じているという。

番組終了後、滝沢さんはTwitterに「ビックリさせてごめんね!笑 でも言えて本当幸せ!」などとツイート。「セクシャルマイノリティーとした私らしく生きてけるー!」(原文ママ)と投稿した。