WORLD
2017年12月14日 15時30分 JST | 更新 2017年12月14日 15時42分 JST

子連れで飛行機に乗ったジョージ・クルーニー夫妻が、乗客に配ったものは?

生後6カ月の双子と同乗しました✈️

Mario Anzuoni / Reuters
クルーニー夫妻(2017年10月22日撮影)

アメリカ人俳優のジョージ・クルーニーと妻のアマルが、イギリス行きの飛行機に乗った際に、生後6カ月の双子が泣いてしまった時に備えて、他の乗客に高性能ヘッドフォンを配った。「先に謝っておきます(apologizing ahead of time)」というメモ付きだったという。Peopleなどが伝えた。

Page Sixによると、飛行機に乗り合わせた映画監督のクエンティン・タランティーノも、ジョージ・クルーニーがプロデュースする「カサミゴズ・テキーラ」ロゴが刻印されたヘッドフォンを受け取ったという。

ジョージ・クルーニーと妻・アマルとの間に6月に生まれた双子のエラとアレクサンダー。フライト中は、リラックスした様子ではあったものの、泣きわめいたりすることはなかったという。

子連れの飛行機搭乗はなかなか悩ましい場面もある。

アメリカの格安航空会社「JetBlue」はかつて、フライト中に機内の赤ちゃんが泣いてしまったら、乗っていた利用客の次回の搭乗チケットを25%引きにするという施策にトライしていた