アート&カルチャー
2018年01月31日 09時46分 JST | 更新 2018年01月31日 09時46分 JST

生駒里奈「どうか、私の背中を押して下さい」乃木坂46を電撃卒業

新作の20枚目のシングルでグループ卒業へ。初期メンバーとしてセンターを務める

人気アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈(22)が、新作の20枚目のシングルでグループを卒業することが1月31日に発表された。初期メンバーとして長らくセンターを務め、乃木坂の顔として活躍してきただけにファンからは驚きの声が相次いでいる。

時事通信社
生駒里奈(2016年2月撮影)

生駒は自身のブログで、卒業への思いを明かした。まず新卒で社会人になる人と同年代の22歳になったことを受けて、以下のように書いた。

「20歳になった頃から、大人として一人で生きていくためにはどうしたらいいのか、具体的に自分のこれからを考えた時に私はこのままでは足りないなと、プラスで自分を高めないといけない。ここだけじゃ足りないと思う様になりました」

次いで、乃木坂46でやる事はまだあるとしたものの、「今の乃木坂46は最強です。だからこそ安心して任せられるのです」と仲間達へのエールを送った。

最後に乃木坂での経験を振り返って「自信を持って次に行きたい」として、以下のように結んでいる。

「乃木坂で経験した事は、私の盾となりずっと守ってくれる事でしょう。だから、自信を持って次に行きたい。どうか、私の背中を押して下さいませんか?」

日刊スポーツのインタビューによると、生駒はグループ卒業後も芸能活動を続けるという。