BLOG

マレーシアで指先がめっちゃ腫れたので病院に行ったら手術までしちゃった話

2016年03月27日 14時00分 JST | 更新 2017年03月27日 18時12分 JST

2016-02-12-1455238329-7486887-bamu5_1.png

突然ですが、手術経験のある人いますか?

それも、海外で

日本ではそう珍しいことではないかもしれませんが、

海外で手術となると経験者はなかなかいないだろうと思います。

そこで今回は、

海外での手術体験記」です!

指がとつぜん腫れてきた!

2016-02-12-1455238436-9282429-bamu5_2.png

先日こんな感じで指先が腫れてきて、

1週間経っても悪化する一方だったので、

海外旅行保険を利用して病院へ行くことにしました。

海外旅行保険とは (参考URL https://www.hokende.com/static/abroad/

渡航先での病気やケガの治療費、他人にケガを負わせたり、

他人の物品を壊した場合の賠償責任、

カメラや衣類などの携行品の破損・盗難などを補償する保険。

海外旅行する人や、駐在員や現地採用の方が長期で加入しているケースが多いです。

あと、僕みたいな一般庶民には1ミリも関係ありませんが、

ゴールドカードにも付帯されていたりします。

怪我をしたらまず電話

今回、僕が使ったのは損害保険ジャパン日本興亜株式会社(いわゆる損保ジャパン)のもの。

「ジャパン」のあとに「日本」がついている社名には触れないでおきます。

保険に加入すると、

写真のような冊子と保険証券番号が書いた紙をもらえます。

2016-02-12-1455238576-5154155-bamu5_3.png

冊子に記載された電話番号へかける場合、

基本的にはコレクトコール(通話料が相手持ちのかけ方)で

24時間対応してくれます。

電話では保険証券番号、今いる場所、症状、

病院の希望(日本人医師がいいかなど)を聞かれるので

質問に答えましょう。

僕は日本人医師を希望しましたが、

予定の合う人がおらず通訳付きでの診察予約をお願いしました。

ちなみに、このように保険会社を通じて予約をすると

キャッシュレスサービス

(病院からの請求が直接保険会社に行くので、自分は現金を払わなくてもいい)を

利用できるところもあって便利です。

いざ、病院へ

2016-02-12-1455238688-9844557-bamu5_4.png

病院は非常に綺麗なところで感動しました。

さすが日系保険会社と提携しているだけあります!

2016-02-12-1455238738-9545524-bamu5_5.png

受付の方は日本人とマレーシア人のハーフとのことで日本語もペラペラ。

用紙に必要事項を記入し診察へ。

日常生活は言語で困ることもそうありませんが

こういった場では細かいニュアンスなどうまく伝えにくいので、

日本語ができる人がいると安心感が100倍にもなります。

診療でのやりとり

:どうしたんだい?

バームー:(腫れている指を見せながら)こんな感じに腫れてきてるんです。

     ぶつけたわけではないので骨とかは大丈夫だと思うのですが。

医師:これは指先にバイキンが入って化膿しているね。

   抗生物質と痛み止め出すから、それ飲んでまた来てね。

:わかりました!

3分位であっさり終了。

自分でも予想していた通りの診断結果だったので一安心。

ちなみに抗生物質はantibiotics、痛み止めはpainkillerと言います。

英語偏差値が0.03くらい上がった気がしました。

数日後に再訪問

この日も事前に予約をして行ったのですが、

担当医師に急な手術が入ったとのことで

(僕の診療科目は整形外科でした)

1時間くらい遅れて医師が登場。

医師:どうだい?

:なんかマシになった気がします。

医師:でしょう?(指をさわりながら)腫れてたところが柔らかくなってきたね。

   よし、手術して膿(うみ)を出そう。

:しゅ、手術!?

医師:大丈夫、指の先にメスを入れてちょっと切るだけだから。

:(あー、アレね)

僕は以前、指を骨折した時に

似たような手術を受けた経験が日本であったのです。

その時は手術室に入って部分麻酔を打っての手術でしたが、

今回も似たような感じとのことでした。

医師:手術の時期なんだけど。

:次の土曜日はどうですか?

医師:次の土曜は予定があるんだよ。

   ......今しようか?

:い、今ですか!?(まぁ早い方がいいからなぁ)

  お願いします!

日本では事前に予約をしてから手術するものだと

思っていたので、少しおどろきました。

そのまま手術室へ。

なぜかアットホームな雰囲気の手術室

2016-02-12-1455238996-4751742-bamu5_6.png

▲手術室の様子

手術には医師だけでなく、

日本人看護師とマレー人看護師が付き添ってくれました。

※写真はすべて許可を得て撮影しています。

許可をくれるあたりがおおらかですね。

日本人看護師さんに案内されて、

ベッドで横になっていると会話が聞こえてきました。

2016-02-12-1455239056-5833821-bamu5_7.png

▲手術台の上にて

マレー人看護師:ペラペーラ、ペラペラペーラ

マレーシア語なので何を言っているのか分からない。

日本人看護師:何歳?独身?って聞いてるよ。

:(緊張感ゼロだなぁ)29歳、独身です。

マレー人看護師:Are you available now? (彼女いるのかい?)

:(この人、手術前に何を言ってるんだろう)

のほほんとした時間を過ごしながら準備をしていると医師も到着。

2016-02-12-1455239175-1291799-bamu5_8.png

こんな感じで自分で写真を撮ったりしました。

そうこうしているうちに、

局部麻酔を打って麻酔が効くまで少し待ちます。

その後メスが入ります。

マレー人看護師:私、写真撮ってあげるよ!

と、手術中の部位のアップ写真を撮ってくれました。

さすがにここには載せられませんが。

手術も無事終わり、指がこんな状態に。

2016-02-12-1455239245-1753190-bamu5_9.png

痛々しいですね。

麻酔が切れるとジンジン痛みがしたので

痛み止めを飲んでカバー。

この日は薬以外に包帯などの資材ももらって帰宅。

左手が使えないのが不便

手術したのは左手中指。

きき手ではないのでPCなどはなんとかなりますし、

お箸やペンを握るのにも問題ないのですが、

一番の敵はお風呂!そう、シャワーです。

患部は濡らしたらダメとのことで、どうしようか考えました。

すると目の前に、薬を入れていた袋が!

こうするとぴったり。

2016-02-12-1455239341-1424885-bamu5_10.gif

海外のビニール袋はわりと薄く穴が開きやすいものも多いのですが、

これは丈夫で全く水が入ってこない!

ここまで考えられているのであればまさに神対応ですね

(まちがいなく考えてないと思うけど)。

左手を上げてシャワーを浴びれば濡れない!

再検診

がかかった病院は8:30~18:00くらいまで開いているですが、

医師は10:30くらいに出勤して17:00までには帰ってしまうので

そのあいだの時間でしか予約は受けられないとのこと。

さすがですね!

医師:調子はどうだい?

:だいぶいいです。痛みもほぼなくなりました。

医師:(オペ後の指を見ながら)うん、よくなったね。

   あと3~4日したら普通に手を洗ったりしても大丈夫だよ!

:ありがとうございます!

  つまり病院に来るのは今回で最後ですか?

医師:また来たいかい?

:もういいです。

と言う感じに、

最後は先生のジョークもまじえながら診察は無事終了。

こんなぐあいに簡易版になりました。

2016-02-12-1455239465-7637617-bamu5_11.png

その4日後はここまで良くなり、

翌日にはすべてとれました!

完治!!

結論

海外での手術でも、簡易的なものであれば怖くない!

僕は以前に似たような手術をしたことがあるので

事前にイメージできたからよかったのですが、

これがはじめての部位や方法だったら

めちゃめちゃビビってたでしょうね。

医師の先生、看護師さん、ありがとうございました!

~この記事を読んだ方にオススメ~

・アジアに出たからこそ感じる!日本人の4つの特殊な面

・【保存版】マレーシアに来たらぜひ!スベらないマレーシア土産・16選

シンガポールの「多様性」に2年間どっぷりつかってみて、分かってきたこと

ライター

バームー/BaMu

1986年京都出身。立命館アジア太平洋大学を卒業後、㈱リクルートエージェント(現・リクルートキャリア)新卒入社 。その後転職し、日系企業のマレーシアの拠点立ち上げメンバーとしてジョイン。 今まで訪れた海外の国と地域は17ヶ所。圧倒的なプラス思考で、どんな時でもポジティブに生きています!夢は宇宙旅行。好きな言葉は「今がすべての出発点」。個人ブログ「posi-log」ビジネスやキャリア系ネタを中心にジャンルに縛られずに定期的に発信しています。

2015-05-16-1431738338-789227-abroaders2015051609.41.07.png

週刊ABROADERSは、アジアで働きたい日本人のためのリアル情報サイトです。海外でいつか働いてみたいけど、現地の暮らしは一体どうなるのだろう?」という疑問に対し、現地情報や住んでいる人の声を発信します。そのことによって、アジアで働きたい日本人の背中を押し、「アジアで働く」という生き方の選択肢を増やすことを目指しています。

HP: 週刊ABROADERS

Facebook:ABROADERS