BLOG

強引にするとそっぽ向く 超人スポーツ「キャリオット」マシーンとは

2016年02月06日 15時01分 JST | 更新 2017年02月04日 19時12分 JST

テクノロジーにより身体能力を拡張させ、身体差を超えた「超人」として競う「超人スポーツ」。われわれ早稲田・筑波・慶應義塾大学の混成チームは、古代ローマの「戦車競走」を現代の技術で蘇らせる「CarryOtto(キャリオット)プロジェクト」を新たな超人スポーツとして作り出しました。世界を先駆ける次世代スポーツの開発に力を貸してください。(A-portより)

 人と機械技術を組み合わせた「超人スポーツ」。その一つとして「キャリオット」と名付けられた電動モーター付きの乗り物を操る新スポーツが誕生した。「モーターを使った犬ぞりです」と開発者の一人、上林功さん(37)はいう。

 2015年夏の超人スポーツ協会主催の開発イベント「ハッカソン」で生まれ、建築士や技術者3人のチームが初の国内大会を開こうと資金を集めている。

2016-02-05-1454659227-7019623-DSC_5921.JPG

キャリオットに乗る上林さん(左)=朝日新聞社撮影

2016-02-05-1454659306-5177238-DSC_5932.JPG

チューリップの芽やオオイヌノフグリが芝生の間から顔を出している。キャリオットに乗ると地面の世界が大きく見える=朝日新聞社撮影

 手綱を手で持ち、動力部分に足をおいて、バランスをとって走らせる。動力部分と体との距離があくことで制御しにくくなり、面白さを増した。強引に制御しようとすると、動物のようにそっぽを向くという。

 上林さんは「力任せに引っ張ると動かない。体でバランスをとったり、手綱で微妙な操縦をしたり。それがこのスポーツの妙技です」と説明する。

 現在まで体験者は、試乗会で乗った約200人だけ。男性より女性の方がすぐに乗りこなすという。「力まかせではなく、機械と対話しようとする人機一体の力が試されます」

 クラウドファンディングサイトA-portで支援を募っている。2017年には製品版「キャリオット」のファーストモデルをリリースすることを目指す。 

■目標額 100万円

■特典例 5千円で試乗体験会に招待など

支援はこちらから。

2016-02-05-1454660130-4282139-.JPG

【写真集】 

すべて朝日新聞社撮影

2016-02-05-1454659559-2373488-DSC_5832.JPG

2016-02-05-1454659638-2868368-DSC_5892.JPG

キャリオット製作拠点の日本科学未来館近く。キャリオットを試乗していると近くの研究者たちが集まってきた。

2016-02-05-1454659488-2482737-DSC_5969.JPG

2016-02-05-1454659797-5918922-DSC_6035.JPG