Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

A-port Headshot

コシノジュンコが発掘した歌の精マリアセレン

投稿日: 更新:
印刷

2016-10-17-1476689481-5681337-R9koshinojyunkoDSC_0535.jpg
コシノジュンコさん=2016年10月、朝日新聞社・井上未雪撮影

2016-10-25-1477381411-9664188-RIMG_8900.jpg
コシノジュンコさんのステージにあがったマリアセレンさん=マリアセレンさん提供

182センチの身体からイタリア語の華麗なメロディーが生まれた途端に、ホールを振るわすような低い声も生み出す。男女の声を歌い分ける異色の技が、マリアセレンさんの真骨頂だ。

慈愛に満ちたマリアと、美しい声で船乗りたちを酔わせて食い殺す海の精セイレーンをあわせた名前。美しいものと恐ろしいものをその名に併せ持つ「マリアセレン」を発掘し背中を推すのは、世界的ファッションデザイナーのコシノジュンコさんだ。コシノジュンコさんにマリアセレンさんの魅力についてインタビューした。


■無機質

「(マリアセレンさんは)無機質です。男とか女とか振り分けることではなく。別に男とか女の目で見る必要はないのではないのでしょうか。不思議な、独特な感性で、その人のフィーリングで見ます。一般には、あの人は男、あの人は女とか、人はどちらと決めたがるけれど。(マリアセレンは男や女といった枠にはまらないことで)全く違和感ありません」


■名前を探す永遠の旅

「作られた美しさではなく、マリアセレンさんしか持っていない美しさ。女でも男でもない。日本人でもない、外国人でもない。無機質なのです。そういう所がいいと思います。(マリアセレンさんは)自分の名前探しを永遠のテーマにすればいいのではないでしょうか。もう一回名前が変わるかもしれませんね。(笑)」


■だまし絵みたいなもの

「(それは)だまし絵みたいなもんよね。やっぱりタッパ(身長)があるって私、好きです。2メートルくらいになる巨人。笑いが出るくらい、半分滑稽、超越した方がもっといいですね。(その大きな身体で)歌ってみると両方の声を持っています。女性の声は本能的、男の声のすごさはやっぱり男性なんですね。見た目と中身を両方育てていくといいですね」


■シャーマンと言われたという不思議な存在

「『私、男です』というのもつまらない。女ですというのもつまらない。男女兼用というのもつまらない。(マリアセレンさんは)何にもあてはまらないのです。そこが意外性があっていい。それが女性/男性にはできないことです。このたっぱでこの迫力で。この迫力が好きですね。出映えがするというのか、みせ映えというか。(コシノジュンコさんのファッションショーで)ダイナミックなファッションをこなすのもあの身長だから。(マリアセレンさんが)お能をやっているのも新しい日本の特徴ですね」


■本物の先にある「未来」
 
「大成功している人って自然体ですよね。作られていません。自分で成長しています。作られたものってはげてくるじゃないですか。もたないし、賞味期限がありますよね。(かたや、)自分で作られたものだと、努力すれば成長するものはする。こればっかりは、答えはなく永遠にお勉強ですよね。

やることが山のようにあるというのは未来があるということですよね。未来があるということは、イコール若さがあるということでしよ。まだまだ未来的よ」

(インタビューは以上です) 



2016-10-17-1476689557-6451726-DSC_0582.JPG
マリアセレンさんの衣装合わせを見守るコシノジュンコさん=朝日新聞社撮影

2016-10-17-1476689637-1254534-DSC_0601.JPG
同上

2016-10-17-1476688250-5145491-RmariaP8312197.jpg
練習を重ねるマリアセレンさん=朝日新聞社撮影

2016-10-17-1476689795-5382844-mariaP8311978.JPG
マリアセレンさん=朝日新聞社撮影

2016-10-17-1476690059-2674871-RmariaP8312071.jpg
「自分の名は清濁併せ持つ」と話すマリアセレンさん=朝日新聞社撮影

■■
マリアセレンさんの関連記事

朝日新聞 より

■男女の声歌い分け、独自オペラ

男女の声を歌い分けることができる異色の歌手マリアセレン。テノール(男)とカウンターテナー(女)の声で、来年2月、オリジナルオペラ「哀(かな)しみのシレーナ~禁断の恋~」にイタリア語で臨む。その舞台の制作資金を募っている。

身長182センチでがっしりとした体だが、優美な動きで、ストレートの長い髪をかき上げる。マリアセレンは「男でも女でもない清濁併せ持つ者がニューハーフ」という。

高校時代、合唱部に所属していた。声変わりが嫌で、あらがって高い声を出す練習を重ねたところ「女性の声が得られた」という。

今回の舞台では、船乗りを魅惑の歌声で惑わし、大海の底に引きずり込み、生気を吸い取るという人魚の女王と船乗りの一人二役を演じる。マリアセレンの危うい魅力を最大限に引き出す演目だ。「マリアセレン以外何者でもないという唯一無二の舞台」と話し、練習を重ねている。

支援はA-portから。

《特典例》1万円で本公演チケットA席1枚(8千円相当)とDVD
2016-10-25-1477382402-5373775-.JPG