Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

朝日新聞メディアラボ Headshot

米ケンブリッジ発、スタートアップ生み出す巨大装置CIC、日本に照準 (井上未雪)

投稿日: 更新:
印刷

GoogleのアンドロイドやHubspotなどを輩出したボストンにあるスタートアップの巨大集積施設「ケンブリッジイノベーションセンター(CIC)」。

MITに隣接するCICは700社ものスタートアップなどの企業が入居するだけでなく、総額約70億ドルにのぼる複数のベンチャーキャピタルも入居する。センター内でスタートアップのエコシステムが回る仕組みになっているという。

この世界最大級のイノベーションセンターが日本上陸を検討している。CIC創設者でCEO、投資家でもあるティモシー・ローさんに話を聞いた。

2016-07-11-1468202412-8677715-tate_DSC_0067tim3.jpg
ティモシー・ローさん=東京都港区で

■集約が力を生む、スタートアップとVCの科学反応

CICは「一言でいうと、イノベーション会社のベース」だという。「インベンション(Invention、発明)の基地となり、実際に世の中で使われるようなイノベーション(Innovation、革新)をうながす。

例えば、太陽光発電パネルを発明しても、使えるようにしてやることが必要だ。スタートアップを一つの街といっても過言ではないイノベーションセンターに集約する、それが私の作っているものです」

2016-07-11-1468201642-8393764-photo1.JPG
朝日新聞メディアラボが共催している"NY Silicon Alley Meet Up" 六本木ヒルズのPivotal Labsで話すロウさん。

「これはイノベーションですかインベンションですか?」とロウさん。これはインベンションだが、世の中に根付かない物だった。本当に普通に使われるようになっていない。つまり、イノベーションにはなりえなかったものだと解説する。イノベーションを作るための場がCICだという。

「集中させることはインパクトを生むのです。そして、集積というのは一人一人の能力をかなりあげます」。

ロウさんによると、米のベル研究所の違う階にいるだけで、10%が0.3%にまで落ちるという。平場にいる時にコラボレーションが生まれる可能性が10%あるとしたら、別の階にいると3000倍も下がることになるという。

■日本の強みは誠実さ

スタートアップを取り巻く環境として、日本の強みはアジアの中でも誠実さを持つことだという。

「一番大事なのは、誰がその場所にいるかということだ。イノベーションを成功に導くために必要なものはインテグリティ(Integrity、誠実さ、正直さ、品位)なのです。

大きなイノベーションを起こすには資金を持つ人、アイデアを持つ人、才能を持つ人が必要で、その3者を結びつけるのに不可欠なのは誠実さだ。それぞれが、ちゃんと実行するし、まじめで正直だ。

なので日本ではスタートアップの成功の確率は高いと言えると思うのです」

一方で、リスクを取ることに対する意識は低いと言われる日本。このことについては、アメリカも同じ道をたどっており、変えられるという。

「リスクを負うという自信が日本では課題だが、これは変えられるものだと思います。

他の国に比べてということはいいたくないですが、リスクをとる人に変えるのは、数年から数十年でできるが、誠実の文化を作るには、更に多くの時間が必要です。

その点、誠実さがアジア一高い日本には大きなイノベーションの可能性があると思います」という。

また、「アメリカも60年代は、起業家というと結婚したいといっても、相手の両親から反対されるような保守的な文化だったのですから」と笑う。


■日本との縁

ロウ氏は16歳の時に父の仕事を日本で手伝って以来、同志社大への留学や、東京の三菱総合研究所での勤務、ボストンコンサルティンググループでも日本を担当するなど、日本との縁がある。

今後、日本と数ヶ月ごと行き来し、数年以内にCIC日本版を作ることを視野に入れて活動を続けていくという。

*ティモシー・ロウ氏
Timothy Rowe
Timothy Rowe is the Founder and CEO of Cambridge Innovation Center

ケンブリッジイノベーションセンター(CIC)はマサチューセッツ州ケンブリッジ市に本拠地を構えるが、2014年にボストンとミズーリ州セントルイスに新施設を開き、2015年にオランダのロッテルダムにも海外進出した。

2015年12月には、マイアミ大学と協働してマイアミに最新のサイトを開設した。ロウ氏はニューイングラ ンドベンチャーキャピタル連盟の役員、そしてニューアトランティックベンチャーのベンチャーパートナーでもある。

2016-07-11-1468202610-7648772-tatetateDSC_0106timoutside.jpg
日本に到着直後の早朝、インタビューに答えたロウさん=東京都港区で