profile image

山口一男

シカゴ大学教授・経済産業研究所客員研究員

1946年生まれ。総理府勤務を経て1981年シカゴ大学社会学博士。コロンビア大学助教授、UCLA准教授を経て、1991年よりシカゴ大学社会学科教授。2003年より経済産業研究所客員研究員を兼任。米国社会情報研究所(ISI)より1980-1999年に社会科学一般の部で学術論文が最も引用された学者の1人に認定される。専門は就業と家族、社会的不平等。日本語著書に『ダイバーシティ―生きる力を学ぶ物語』『ワークライフバランス―実証と政策提言』などがある。
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images

わが国の少子化対策は何を重視すべきか

趨勢としては仕事でも家庭でも夫婦が共に支え合い、そして夫と対等に生きる事、をより多くの女性が望むようになり、他方でそれがかなえられにくい社会状況が続いている。それこそが女性の結婚・育児の機会コストを高めた原因であり、晩婚化・少子化の主な原因であると筆者は考える。
2014年07月29日 17時15分 JST
Bloomberg via Getty Images

小保方晴子氏を巡る報道と理研や彼女自身の対応は、日本の外から見て摩訶不思議

専門外の発言と思えるかもしれないが、社会的機会の均等の問題に実証および社会的発言で深くかかわって来たものとして、見過ごしにできない問題が、小保方晴子氏を巡る報道と、理化学研究所(以下「理研」)や彼女自身の対応にあり、これは日本の外から見て摩訶(まか)不思議に見える。
2014年05月13日 19時29分 JST