BLOG

60年代に人気を集めたバギー、「メイヤーズ・マンクス」が誕生するまで

2014年10月20日 00時39分 JST | 更新 2016年05月08日 18時12分 JST

毎回興味深い自動車関連の映像を届けてくれる『XCAR』のビデオから、今回は1960年代にデューンバギーの代名詞と言われるほど人気を集めた「メイヤーズ・マンクス」の生みの親、ブルース・メイヤーズ氏のインタビューをご紹介しよう。

生産台数も多く手頃な空冷エンジンを積むフォルクスワーゲン「ビートル」をベースに作られたメイヤーズ・マンクスは、シンプルな形状による美しさが特徴的。ファイバーグラス製のボディシェルを載せたローリングシャシー(シャシーにサスペンションやホイールなどを組み合わせたもの)には、トレーリングリンク・サスペンションが組み込まれ、オンロードから道なき道まであらゆる路面の走行を可能にしている。

メイヤーズ氏はビデオの中で「このクルマが伝えるものは"fun(喜び)"だ」と語っている。"Swingin'60s"と称される1960年代を謳歌した同氏と共にその時代を象徴するアイコンとして、メイヤーズ・マンクスは今もなお存在感を放っている。

元祖メイヤーズ・マンクスがどのような発想で実現したのか、創業者本人が語るオリジナルストーリーを早速ビデオでチェックしていただきたい。

By Jeremy Korzeniewski

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

(2014年10月19日Autoblog「【ビデオ】60年代に人気を集めた、あの"バギー"が誕生するまで」より転載)

【関連記事】

Meyers Manx V Photos