BLOG

【CEATEC JAPAN 2013】自動車保険が安くなる!?インテルが魅力的なソリューションを出展!

2013年10月18日 17時30分 JST | 更新 2013年12月18日 19時12分 JST

2013-10-03-01.jpg

アメリカの半導体メーカーのインテルは、CEATEC JAPAN 2013で車両情報を使用した自動車保険が安くなるソリューションの展示を行った。

2013-10-03-02.jpg

今回展示された内容は、TIXEN IVIに搭載されているAMB(Automotive Message Broker)を使用して、CAN上の車両情報とHTML5 Applicationを連携し、車両から収集した情報に基づいて保険料の判定をする新しい自動車保険を提案するというソリューションのデモンストレーションだ。

2013-10-03-03.jpg

専門用語が多すぎて分かりにくいので簡単に説明すると、車両のデータをインテルのプロセッサーを搭載した車載ユニットでデーターを解析し、車載モニターに無線LANで表示することが出来るということだ。

車両情報としては、アクセルとブレーキのデータを入手し、さらにハンドルは専用のセンサーを使って情報を入手することを想定しているという。

2013-10-03-041380728200.jpg

これらの情報は、保険会社に情報がデーター送信され、急ブレーキ、急発進、急ハンドルなどの状況に応じて、保険の減額がなされるということを検討しているということだ。また、このシステムを利用すれば保険会社のみならず、レンターカーやトラックでの車両管理といった面での活用も期待されるのではないだろうか。

ちなみに、このソリューションは、実際に保険会社との検討も始まっているとのことで、このシステムが導入されれば、安全運転を得意とする読者にとっては保険料が減額期待でき、朗報かもしれない。

こちらはAutoblogの記事「【CEATEC JAPAN 2013】自動車保険が安くなる!?インテルが魅力的なソリューションを出展!」を転載したものです