profile image

永井幸輔

弁護士、特定非営利活動法人コモンスフィア(Creative Commons Japan)理事

1981年、北海道生。早稲田大学大学院法務研究科卒。骨董通り法律事務所所属。現代美術・演劇・ファッション・映画などのクリエイターから、出版・デジタルアーカイブ・美術館など、クリエイティブに関わる人々に広くアドバイスを提供。執筆に「法は創造性をつぶすのか」(『広告』2013年5月号)、「デザイナーのための著作権と法律講座」(共同担当)、『クリエイターの渡世術』(共著)など。
 

ビートルズ"ラヴ・ミー・ドゥ"の「著作隣接権」保護期間は切れているのか

インターネットが日常に存在し、音楽や映像、書籍をデジタル環境で入手し鑑賞するのが普通になった今日、著作物という情報のコピー&ペーストを司る権利「著作権」は随分身近な言葉になりました。しかし、著作権法が定めるもう一方の重要な権利「著作隣接権」については、権利の内容がかなり複雑であることもあって、まだまだよく知られていないのではないでしょうか。
2014年04月19日 00時23分 JST